旅行・地域

2009.09.06

夏休み

学会に合わせて夏休みもいただきましたnote
実は大阪って、用事があって何度か来たことはあったけど
ちゃんとゆっくり観光したことはほとんどなかったんです。
数年前から大阪に住んでいる友人に連絡したら
大阪案内してくれることになりました。

職場にも大阪出身の救急医がいるので事前に大阪グルメのオススメを聞いたら
 ・新世界ジャンジャン横丁の串あげ&どて焼き 『八重勝』『てんぐ』『だるま』
 ・『りくろーおじさんのチーズケーキ』 並んで焼きたてを買うべし!!
と、かなり具体的にご指南いただき、それをそのまま友人にリクエスト。
学会終了後に梅田で待ち合わせてまずは新世界へ。
新世界といえば通天閣。
Osakakyoto_032
通天閣ですら初体験の私。思ったより小さい!
でも昇って見るとなかなか良い眺め。
大阪市内が一望できて、大阪初心者にはぴったり。
ビリケンさんとも初対面。
Osakakyoto_031

続いて本題、串あげ・どて焼き。
オススメされた3店はどれも有名店で並んでました。
迷った末に『八重勝』に決定。
Osakakyoto_030
20分くらい待ってお店に入れました。
初体験のどて焼き。
Osakakyoto_028
美味し〜いup思ったより甘めの味噌がたまらない感じ。
串あげも美味しかったです。
ソースの二度付け厳禁っていうのは有名だし知っていたのに
1回だけ無意識にうっかり二度付けしちゃった。
バレなかったけど・・・ゴメンナサイ。

知らなかったけど、新世界ってけっこう治安が悪いところらしく
友人も「新世界なんて女の子連れてくとこじゃないよ」と言っていました。
まぁ通天閣とかは観光客も多いからわりと普通だったけど。
新世界からの帰り道、『夜のディープな大阪観光』と称して
『あいりん地区』や『飛田新地』をタクシーで観光。もちろん車内から。
いや〜すごい世界でした・・・現代の日本にこんなところがあったなんて。
さすがに写真は撮れないし、撮れたとしても載せられません。
大阪ってすごいところだわ。カルチャーショック。

お口直しに道頓堀へ。
Osakakyoto_027
2年前に大阪行ったときに工事中だった戎橋が完成していて
キレイに広くなってました。川沿いが遊歩道みたいになってた。
食い倒れ人形はやっぱりいなかったし。
最後に梅田に戻ってちょっと飲んで、夜の観光ツアー終了。

翌日、私が大阪のお好み焼きを食べたことがないと言ったら
友人宅の近所にある『風月』に連れて行ってくれました。
Osakakyoto_025
ここもけっこう有名なお店だそうです。
東京でお好み焼き屋さんていうと生のタネが出されて自分で焼くけど
大阪では既に完成したものが鉄板に出されるんですね!
別に鉄板はいらないんじゃ??って言ったら「保温用」だそうです。
Osakakyoto_026
ねぎ焼き初体験。
もっとねぎ臭いかと思ったら、全然。
ねぎがすごく甘くてとっても美味しかった。
あと写真撮り忘れたけど『とん平』も食べました。
美味しかった!

友人の完璧なエスコートにより定番からコアなとこまで大阪を堪能できました。
持つべきものは腕のある友人shineどうもありがとうheart02

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.07.28

☆つくばサイエンスツアー☆

中学生の移動教室に看護師として同行してきましたhospital
テーマは『つくばサイエンスツアー』ということで
つくば学園都市内にある色んな物理科学施設をbusで廻って見学search
JAXAの筑波宇宙センターから始まり
素粒子研究の理論裏づけのための実験施設KEK(高エネルギー加速器研究機構)
最先端ロボット技術の開発をやってる産業技術研究所
つくば万博の跡地にあるつくばエキスポセンター
途中で筑波大学の構内にお邪魔してキャンパス見学してみたり。
筑波大学は看護大のバスケ部の試合で何度か来たので懐かしかったです。
当時はまだつくばエキスプレスが開通してなくて東京駅からの高速バスしかなく
渋滞すると試合に遅刻しそうになって大変でしたdash
・・・と、話がそれましたsweat01

JAXAはかつてNASDAだった日本のNASAみたいなもの。
入った瞬間なんか近未来的な雰囲気。
Tsukuba_011_2
私でも聞いたことのある有名な宇宙飛行士さんたちも
みんなここで訓練して宇宙飛行士になっているんですって。
今ちょうど若田さんがミッション中でもうすぐ帰ってくるところだし
私たちが行った日に筑波宇宙センターで野口さんが会見してたり
日本の宇宙開発の中心施設だということを実感しました。

KEKはノーベル賞を受賞した理論を実証した施設らしいんですが
物質から電子と陽子を抽出して加速させてぶつけ合い
反物質と呼ばれるものを生み出してそこから更に小さい粒子を抽出して・・・
とかいとってもムズカシイことをしている施設。
P1000060
学生の頃から物理は苦手でチンプンカンプンだったけど
小林・益川理論『CP対称性の破れ』はさっぱりチンプンカンプンcoldsweats02
中学生には更にチンプンカンプンだったみたいで顔が???だらけでした。
日常生活とは無縁に思える難解な研究。
でも実は巡りめぐって身近なことにもつながっていたり。
こういうすごいことをつきつめて研究する人がいるから
今の便利な世の中があるんだなぁって思って感心しちゃった。

産業技術研究所は災害時の救助などの危険で力のいる仕事を
人間に代わってできるようなロボットを開発したり
地質を研究して災害の起こるパターンとかも研究したりしているらしい。
こんな大きな地層の標本が展示してありました。大迫力sign03
Tsukuba_003

最後に来たエキスポセンターは子ども向けに色んな体験アトラクションがあったり
プラネタリウムもあって久しぶりにプラネタリウム鑑賞しましたshine
もう私は疲れ果てていてぐったりな感じでしたが
子どもたちは最後まで大ハッスルでしたよ・・・おそるべし。

それにしてもつくば学園都市って名前の通り本当に教育・研究施設だらけpencil
施設と施設の間にはそこに通う人達の住居がいっぱいhouse
他にはな〜んもない。
施設はすごい立派だし敷地も広いし街も整備されてて緑も多いし
研究者にとっては最高の環境かも。
他に気をとられる誘惑もないから研究に没頭できそう。
でもなんかツマンナイよね〜と私なんかは思ってしまうcatface
東京っ子だからかなぁ。

そんな感じで2日間中学生と過ごしたわけですが
いまどきの中学生だからさぞやませてて生意気で・・・と想像してましたが
その幼さにびっくりsign037割男子だったせいもあるかもしれなけど‥
とにかく落ち着きがなくてじっとしてられないの。
ひとつのことに集中できないのね。
各施設でお姉さん達が色々説明しながら案内してくれるんだけど
まぁ話を聞かないんだこれが。
売店で売っていたスーパーボールを一人が買ったら
みんな真似して買って大はしゃぎだし。
オバチャンはハラハラドキドキイライラしっぱなしでしたよsweat01
まぁカワイイっちゃカワイイんだけどdash
自分が中学生の頃ってもっとオトナなつもりでいたけど
きっと大人から見たらこんな感じだったんだろうねcoldsweats01

面白かったけど、やっぱ子どもの相手は疲れる〜
まぁ怪我も病気もなく私の出番がなく終わって何よりでしたけど
後休は必須sign03
明日は疲れた身体をリセットしますclover
お土産にJAXAで買った宇宙食達を食べるのが楽しみyen
色々買ったけど特に『たこ焼き』が期待大ですnote

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2009.01.22

七転び八起き!!

今シーズン初滑りsnowboardshine
職場の先輩すえさんと安比に行ってきましたnote
昨シーズンは諸事情により1度も滑りに行けなかったので
2シーズンぶりの雪山snow
しかも今シーズンはブーツとビンディングを新しくしたから
とってもルンルンなのですsmile

行きの新幹線bullettrainでは途中で雨が降ったり虹が出たり。
2008aw_118_2

東京が春みたいな陽気になった日だったので
安比も雨だったらどうしよう・・・と心配でしたが
しっかり雪でした。むしろ吹雪。
強風のためゴンドラは止まってしまっており
クワットリフトを乗り継いで山頂付近まで行ってみたら
降りた瞬間視界は真っ白、横風にあおられてフラフラ。
5m先のすえさんを見失うほど視界は最悪。
遭難するんじゃないかとヒヤヒヤしつつ何とか下まで降りました。
そんな悪天候にもめげず下のほうでナイターもちょっと頑張りました。
2日目・3日目は穏やかな天気。
ちょっと雪は降っても風がほとんどなくて良かったです。
特に3日目はほとんど雪も降らずちょこちょこ太陽も出ててました。
初日は寒すぎて滑るだけで精一杯だったけど
2日目・3日目はちょこちょこ写真を撮ったり遊びながら楽しく滑りましたnote

2008aw_106
2008aw_110
2008aw_1162008aw_117
2008aw_100
2008aw_109

傾斜の急な非圧雪コースを転がりながら攻めたり。
コース脇のパウダーをぴょんぴょん跳ねてみたり。
ただ滑るよりすごい体力消耗するから2人で息切らして
『しんどい』とか言いつつ『でも楽しーっhappy02』って感じで。
汗かきながら相当頑張りました。
何回転んでも、どんなにひどい転び方しても、
繰り返し果敢にパウダーやジャンプに挑んでいく私たちは
まさに七転び八起き!!
楽しいから、好きだからこそできるんであって
仕事に対しても理想としてはそうありたいものですが・・・

おまけ↓
2008aw_099

覚悟はしてたけど腕と太ももがすごい筋肉痛bearing
しかも明日から中中日中の4連勤sweat02
お弁当を作りを始めてから最初の難関ですdanger
継続なるかsign02

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.07.07

尾瀬♪

♪夏が来れば思い出す♪

ってことで、尾瀬に行ってきました☆
5月の波照間への旅といい、今年のテーマは自然回帰??
無意識に身体が求めているのかもしれませんねぇ。
尾瀬は中学2年の林間学校以来実に13年ぶりでした。
当時まっすぐな木道を黙々と歩くのが超つまらなかったという印象が強く、
さらに中高年ばかりが集まっているというイメージも強くて興味なかったけど
行ってみるとかなり楽しめました☆
本格的な山登りなんて相当久しぶりだったけどおもしろかったです♪
私もいよいよ中高年の仲間入りでしょうか・・

トイレは1回100円程度のチップ制。
ゴミは全て持ち帰り。
石鹸・シャンプーの使用禁止。
自然保護が徹底されていました。
お風呂大好き、朝風呂が欠かせない私に耐えられるか心配だったけど
あったかいお湯はたっぷりあったので湯船であったまって汗を流せば
シャンプーとかなくても十分さっぱりして案外平気でした。
ゴミも捨てられないと思えば無駄なもの使わないし
トイレもすごくキレイに整備されてるからお金払うの納得できたし。
エコな生活を実践できました。
同時に普段都会でかなり環境に厳しい生活をしていることを実感。
申し訳ない気分になりました。

ちょっとトレッキングや登山に興味を持ったので
次は屋久島とか行ってみたいです♪

ちなみに私の晴れ女伝説はまだ続いており
梅雨真っ只中にもかかわらず滞在中尾瀬はずっと晴れてましたsun
ここまで晴れ続けるとだんだん怖くなってきます・・・
いつかまとめて天災がふりかかるんではないかと。
ドキドキ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.05.15

旅の終わり

4日目。最終日。

今日は東京に帰る日。
今回の旅は沖縄の梅雨入りと重なったからお天気には期待してなかったのに
石垣に着いた日からずっといい天気に恵まれていましたsun
しかし私が帰るのを見計らったかのようにフィリピン沖で熱帯低気圧が発生。
雨こそ降らないもののこの日は朝からどんより曇って風も強い。
「今日は1便しか出ないよ。2便3便は無理だから1便に乗りな。」
とペンションのオーナー。
私は2便の高速船を予約していてそれまで島内の雑貨屋さんとか回るつもりだったけど
仕方なく慌しく荷物をまとめてチェックアウト。
昨日ユキにバイクで色々連れてってもらっといてよかったdash

9時15分頃波照間港に行くと、たくさんの行列。
みんな1便に乗って帰るわけですね。
2便を予約してた私も乗せてもらえるのかなぁ・・・
でもこれに乗れないと帰れなくなっちゃうんですけど・・・
現実に帰りたくない反面、やっぱり帰れないのは困るsweat02
不安な気持ちで待っていると、アズサ・ユキ・ルナが見送りに来てくれました。
3人は15時ごろのフェリーに乗るとのこと。
高速船は欠航してもフェリーは欠航しないみたい。
いよいよ出航。うまいこと紛れ込んで乗船成功scissors
船に乗り込んだ私をずっと見送ってくれたみんな。
船の窓越しにkissしてる写真を1人ずつ撮ったりしてkissmark
見えなくなるまで手を振ってくれました。
みんなはもっと長い休みで他の八重山諸島を回るんだって。
うらやましかった~私ももっと一緒にいたかったな。
八重山諸島、きっとまた帰ってくるよpaper

別れの余韻を感じつつ高速船は石垣島へ。
無事出航したものの・・・とにかく揺れるsign03
船内で身体がジャンプするsign03
あまりの揺れに、私の前に座ってた同じく一人旅の女の子と顔を見合わせ
「笑うしかないですね、これ」と2人でキャーキャー大騒ぎ。
ジェットコースーターみたいだけどこれが60分続くと思うとげんなりwobbly
何とか無事に石垣港へ到着して一安心。
帰りの飛行機に乗り、飛行機ってなんて素晴らしい乗り物なんだろうと思いましたairplaneshine

今年度の目標だった『旅に出る』を早々に達成できた上に
離島一人旅は予想以上に得るものが大きいものでしたclover
同じように仕事が嫌になって自分探しに離島に訪れる人たちとの出会い。
島でたくましく朗らかに生きている人たちとの交流。
いいお年頃になりこの先の身の振り方に迷い悩むことが多かったけど
そんなに焦らなくてもいいのかなって思えたtulip
going my waynote

そして
私が着く前日まで雨で滞在中晴れて私が帰った翌日からまた雨だった沖縄。
改めて自分のミラクル晴れ女パワーを再確認sunsunsun

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.14

男女4人夏物語

3日目。

よく寝たので目覚めスッキリshine
朝ごはん食べてエネルギー満タンup
この日は前日よりもさらにいい天気sun

せっかく天気がいいので今日は海で遊んで
明日チャリで島内をまわろうと思い
沖縄でも1、2を争う美しさといわれるニシ浜へ繰り出しました。
ていうかニシ浜は泊まってるペンションの目の前なんですけどね。
最高のロケーションな宿ってわけですflair
10時くらいに行ったらまだ人はまばらでした。
とりあえず端から端まで歩きながら海の美しさにうっとり。
けっこう風が強かったので、うまいこと風がしのげる岩陰を見つけて
そこにシート広げてマイテリトリーを確保。
のんびり寝っころがってみる。
波の音と青い空、蒼い海。
私が求めていたものです。
思い切って波照間まで来てよかった・・・
しばらく感慨にふけっていると、どうやら1便の船が到着したらしく
人々が続々とニシ浜にやってきました。
そして、なんだか楽しそうに海ではしゃぐ男女3人組が。
楽しそうだなぁ、男女2:1なんて珍しいなぁ、なんて思っていたら
その中の女の子が私の方に寄ってきて目が合いました。
「1人で来てるんですか?」
「はい、そうなんです。3人なんですね。」
「いえ、みんな1人なんです。さっきそこで会ったばっかり。」
「え~っそうなんですかsign02
話を聞くとみんなそれぞれ1人旅で、泊まる宿が一緒で知り合ったとか。

あずさ(26)♀:長期休暇を取って八重山めぐり中の美容師さん
 ルナ(31)♂:成田空港勤務(詳細不明)関西発関東経由さすらいの自由人
 ユキ(27)♂:仕事をやめて全国縦断中の元介護士、写真大好き旅人ライダー

年齢も割と近くてノリも合うこの4人。すぐに仲良くなりましたnote
一通り海で遊んで、お腹が空いたのでみんなで花HANA食堂へ。
あずさとルナはレンタサイクル、ユキは自分のバイクがあるので
私も自転車借りるつもりだったし借りてくるね~って言ったら
ユキがバイクの後ろに乗っけてくれるというのでお言葉に甘えることにheart02
チャリ2台、バイク1台で花HANA食堂までGO☆

みんなでお昼ご飯を食べて満腹になった後、
朝が早かったあずさとルナは一回宿に戻ってお昼寝するというので
16時頃にまた4人で最南端で落ち合おうということにして
それまで私はユキにバイクで島内をぐるっと案内してもらうことにscissors
波照間は2回目だというユキ。
「何にもないよ」と言いつつ色んなとこに連れてってくれました。
私の行きたかった「波照間診療所」にも連れてってもらったし
何と言ってもバイクで風を切って走るのがそれだけで気持ちよかったhappy02
男の子がバイクにハマるの、よくわかった気がするsign01
ずっと続くサトウキビ畑。
あちこちに放牧されてる牛、山羊。
コート盛、学童慰霊碑、波照間酒造、風力発電。
荒れ狂う日本海みたいに波が打ち付ける北東の岸壁。
映画の中に出てきそうな珊瑚のラグーン。
見るもの全てが夢みたいでした。
ちっちゃけなことで悩んでる自分がバカみたいに思えてくる。
ちっちゃな世界に自分で自分を縛ってたことがわかってくる。

約束の時間に最南端へ。
ちなみに教科書的に日本の最南端は沖ノ鳥島になっていますが
そこは潮の満ち引きでなくなってしまうくらいの小さな島。
排他的経済水域を守るために堤防とか作って何とか保護してるけど
もちろん人なんて住んでないしおいそれと立ち入れるとこではないので
実質日本の最南端の有人島は波照間島なのです。
ユキと私より先にもうあずさとルナは着いていました。
そして最南端到達記念写真撮影大会がスタートcamerashine
色んなポーズを繰り出してかなりクリエイティブな作業でした(笑)
既に写真の主役は完全に『最南端の碑』ではありませんでしたsweat01
ま、そんなもんですよねぇcatface

一通り写真撮影が終了したので、4人で島内ツーリングへ。
あずさが隠れがっぽい海に行きたいというので西のほうにある浜を目指すことに。
実は『ニシ浜』は北にある浜で、『北』を『ニシ』と読むらしい。
ちなみに『西』は『イリ』と読むから『西表』は『イリオモテ』ですね。
途中行き止まりみたいなところに迷い込みつつ無事目的地に到着。
ニシ浜の西にある浜シタン群落からペー(=『南』)浜にかけては
小さな入り江がたくさんあってとても素敵なところ。
ペー浜はニシ浜に比べてとても静か。
しかも夕日が目の前に見えて、水面に映ってとてもキレイ。
西日が頬に照り付けてヒリヒリするのも気にせず
うっとり海を見つめましたshine

楽しい時間はあっという間。
夕飯の時間が近づいてきて、それぞれの宿に戻ることに。
私だけ違う宿なのでちょっとさみしかったけどsweat02
ペンションに戻ってシャワー浴びたらもう19時。ちょうど夕暮れ時。
そしたらユキから「今みんなでニシ浜に来てるよ~」とメールが。
ペンションの屋上に上がってみるとみんながいて手を振った。
前日に1人で見た夕日もキレイだっけど
みんなと見た夕日はもっとキレイな気がしました。

夕飯を食べて、ペンションのオーナーさん達と泡波で乾杯note
オーナーさんが三線弾き始めると、板さんが踊りだして、奥さんが歌いだして。
そんな雰囲気がとても素敵だと思いました。
みんなの血に流れる、島のリズム。うらやましいなぁって。

0時頃お開きになって部屋に戻ると
写真大好きなユキから月の入りを見ようとメールが。
2時頃ニシ浜で落ち合うことに。
夜中のニシ浜は真っ暗でちょっと怖かった。
でも月が明るくて、慣れると結構明るく感じる。
月の入りなんて見たことなかった。
月って気付いたら出てて気付いたら沈んでるから。
沈んでくるにしたがってどんどん月が赤く大きくなってくる。
月が沈むと本当に真っ暗になって、星が輝きだす。
天の川が見えた。すごい。
きっと東京の上にだってこんな星空が広がってるはずなのに。
なんかすごく変な感じがしました。
とっても貴重な夜を過ごせました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.13

石垣→波照間へ

2日目。

前日ほとんど寝ずにずっと活動していたにも関わらず
一人旅の緊張からか夜ほとんど眠れませんでしたeye
でも眠くないんです。アドレナリン出てるんですかね~
8時ごろから活動開始、石垣でも朝風呂は欠かせません。
といってもシャワーしかなかったから朝シャワーですが。
おばぁとツーショットの写真を撮ってぱいらんどをチェックアウトしてから
まずはあやぱにモール内の石垣島特産品販売センターでお土産を物色。
一通り買ってさっさと東京に郵送してもらっちゃいました。
そして石垣港の離島ターミナルのコインロッカーにトランクを預けちゃった。
これで身軽に旅ができます♪

波照間行きのフェリーの時間までは市街地を徒歩で散策dash
市街地でも赤瓦屋根や石垣に囲まれた家が多くて
がじゅまるの木やヤシの木も多くてさすが南国。
コンビニは『Coco!』っていうのがあちこちにありました。
さんぴん茶がいっぱい売ってた。あとゲンキ牛乳とか。
市役所や図書館もまわりました。
図書館は新しいけど大きな赤瓦屋根でした。
中に入ってくつろがせていただいた。

お昼ごはんは八重山そばを食べようと決めていて
昔ながらの八重山そばを出すっていう『島そば一番地』へ。
島そばと生ビールを注文。
歩いて渇いた喉に生ビールがしみるbeer
島そばはとてもさっぱりしてでも味わい深い味。
麺も自家製麺でとっても美味しいdelicious
しつこくなくて私好みの味でした。満足♪

離島ターミナルに戻ってチケットをゲット。
待ち時間にガイドブックに載ってた『マリヤシェイク』を買って飲みました。
これまた美味。満足満足♪
そして高速船に乗り込んでいざ波照間へ!!
チケット売り場でお兄さんに
「今日はけっこう沖がしけるから気をつけて」
って言われてたけど思ったほどではなかったです。
およそ60分で無事に波照間港へ到着☆
港にはペンションの車が迎えに来てくれてました。
部屋はぱいらんどに比べてとっても広くて
ちゃんとバストイレ付き♪だからここにしたんですけど。
全室オーシャンビューでテラス付き。
屋上もあって星空もばっちり見える。
最高ですshine
とりあえずゆっくりお風呂に入ってまったりspa
テラスに出てサンセットビーチを眺めました。
日が長くてなかなか太陽が沈まない。。。
結局沈んだのは19時10分くらい。
その後もしばらく明るくて20時くらいにようやく暗くなりました。
さすが最南端!

夕飯にはもちろんまたビールbeer
風呂上りの一杯はたまりませんなshine
おかずはシーラのお刺身やたかさごのフライなどなど。
アーサのお吸い物がすごい美味しかった。
夕食後すぐに星空観測タワーに連れて行ってくれました。
波照間は条件がそろえば南十字星が見えるところ。
この時期は夜気温が下がり海水温は高いので水平線上に雲が出やすく
水平線ギリギリに見える南十字星は残念ながら見えませんでした。
でも空の上にはたくさんの星が見えて感動的。
月夜だったからいつもより見えにくいって言ってたけど。
東京では星空を見上げることなんてないからなぁ。
星座の探し方などを教えてくれました。
小学校の理科以来かも。ロマンチックですね。

星空観測タワーから帰って部屋に戻ったらさすがにどっと疲れて
すぐに寝ちゃいましたsleepy

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.05.12

石垣島上陸

しばらくちゃんとした旅をしていなかったこと。
しばらくちゃんとした連休をとっていなかったこと。
仕事であらゆる不条理を感じ続けるストレス。
叶わない恋にしがみついてたまった疲労感と空虚感。

色んなものが限界になって、月~金平日5連休をとって一人旅を決意。
行き先は石垣経由で日本最南端の有人島、波照間へ。
南の離島で現実逃避、超楽しみ!!
・・・とはいえ、やっぱり不安と緊張も大きかったですよ。
なんせ小心者の人見知りっ子ですから。
そんな私がこんな大胆なことを計画するんだから
心身の疲労がよっぽどだったとご推察ください。

当日、朝一番の石垣への直行便をとったので
山手線の始発に乗らなくてはなりません。
にもかかわらずやっぱり朝風呂は外せないので
結局3時起き。朝じゃないし(笑)

石垣は通過点としか考えてなくて
時間つぶしにシーカヤックとかパラグライダーとか
お手軽なアクティビティでも予約しようかと考えたこともありましたが
なんかそれは今回の私の旅のコンセプトに合わないのでやめて
結局宿以外はNo Planで石垣空港に降り立ちました。
午前10時過ぎ。宿のチェックインは12時から。さてどうしたもんか。

とりあえず足がないと・・・と思いレンタカー屋さん選び。
大量のパンフの中からインスピレーションで選んで電話。
すぐにお店の人が迎えに来てくれました。
軽クラスのがもうないから軽の料金でマーチ貸してくれました♪
相棒となったマーチとともに石垣ドライブ開始rvcar

事前にガイドマップとかも買わずに本当にNoPlanだった私。
お店の人にもらった石垣タウンガイドを片手に適当に走り出しました。
別にどこ行きたいとかなく本当に適当。
でもそれが超気持ちがいい!!
やたら天気はいいしsun東京近郊では見たことない草木が生い茂った道。
走ってるだけで最高な気分。車借りてよかったflair

しばらく走ってるとバンナ公園という看板を発見。
とりあえず行ってみることに。
私的には、公園の入り口あたりに駐車場があって
そこに車をとめて園内を歩いて散策・・・っていうイメージだったけど
入ってみると車で園内まわれるらしい。素晴らしいnotes
でもバンナ公園自体の地図を持ってないのでよくわからず適当に走る。
広場みたいなとこに着いて、車をとめて一休みdash
そこに公園のおじさんがやってきたので声をかけてみたら
公園の地図と、展望台への行き方を教えくれました。
「ちょっと遠いんだよね、歩きかい?」
「いえ、車です」
本当に車借りて良かった♪
ぐるっとまわって展望台のほうへ登ってみました。
けっこう高い!石垣市内が一望できました。
そしてかなり風が強い!!
一人旅でも景色の写真ばっかじゃつまらないし
カメラを置いてセルフタイマーで撮ってたら
強風にあおられて落下。
建物の中に落ちてくれたからまだ良かったものの
見事に壊れてしまった・・・
まだ石垣に上陸して2時間くらいですけど・・・
ショックshock

気を取り直して、今度は海に行きたいな~と地図を広げてみると
川平方面が行きやすそう。底地(ぬくじ)ビーチを目指すことに決定。
私の車以外ほとんど走ってなくてすごい走りやすい。
東京を運転するときみたいなストレスとは無縁。
ちょっと行き過ぎてクラブメッドに行ってしまったりしたけど
引き返してシーサイドホテルの人に聞いてみたら
親切に手書きの地図をくれました。優しさに感動。無事目的地に到着。
底地ビーチにはなんと誰もいない!一人も!!
入って大丈夫なのか?と心配になるくらい。
でも目の前にはキレイな海と砂浜が広がってる。
ちゃんと着替えるとこもトイレもある。
とりあえず水着になってビーチに出てみました。
私、本当に来てしまったのね・・・と感慨深い感じですshine
プライベートビーチみたいな状態。でも、
泳ぐには「溺れる人・助ける人・助けを呼ぶ人」の最低3人は必要
という原則を思うとちょっと一人で泳ぐのは危険・・・
なのでちょっと水で遊んだあとはのんびりビーチでお昼寝。
朝早かったので気持ちよくうとうとできました。
たまにパラパラと観光客が来るけどみんな泳ぐ様子なし。
もったいな~い。

ふと壊れたデジカメのことを思い出し、電気屋さんで直してもらえないだろうかと。
地図を見てみると石垣市内に『ベスト電器』なるものがあるのを発見。
とりあえず行ってみることに。
川平に来るときはバンナ公園を経由したため山の中の道だったけど、
今度はずっと海沿いの道を通って市内に抜けました。
とにかくドライブが気持ちいい♪
ベスト電器はマックスバリュの隣にありました。
「ここでは修理できないのでメーカーに送らないといけないんで日にちかかります」
・・・そりゃそうですよね。
これで諦めつきました。

それでちょうど17時ごろ。車返して宿まで送ってもらいました。
宿はペンションぱいらんど。おじぃとおばぁがやってるアットホームな宿です。
夕飯はおじぃもおばぁもゲストもみんな一緒に食べました。
その日のゲストは私ともう一人、京都から来た私と同じ一人旅の女の子。
その子は仕事が嫌になって辞めて、新しい仕事が始まるまでの間に旅してるんだって。
おじぃに泡盛をご馳走になって、おじぃとおばぁが三線弾いてくれて。
月曜日でお客さん少ないからって石垣牛がいっぱい出てきた!
そして、三線レッスンもしてくれました。上手に弾けたらカッコイイだろうな~
結局0時近くまで飲んでました。とっても楽しい夕飯だった。
ご馳走様でした♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.08

旅支度

風邪を治すのにてこずっていますが
とりあえず旅支度進行中note

水着買っちゃったheart01
2008ss_028

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.12.24

家族旅行♪

新車を買った父からドライブ行こうと再三お誘いを受け
私のあいてる連休は23・24日しかないと言ったら
ちゃんとそこで東急今井浜リゾートを1泊押さえてくれたので
今年のクリスマスはカップルだらけの東京を抜け出し
家族4人で伊豆ドライブ旅行へ♪

今年は夏休み家族で出かけなかったので
久しぶりの家族旅行でした。
やたらと楽しかったですね~
なんだかんだ、家族っていいですね☆
そして、やっぱ旅っていいですね☆☆☆
自然の中でマイナスイオンたっぷり浴びて、
美味しいものたくさん食べて、
温泉つかって。
癒されました。

新車は長時間のドライブでも大変快適でした☆
最近のナビってよくできてますね~
とっても正確。感心、感心。
ETCもついて楽チン。
オーディオのサウンドもとっても良いし。

また連れてって~♪
Imaihama_001
Imaihama_002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧