書籍・雑誌

2010.02.13

食堂かたつむり

夜勤前、どうも気分が乗らず
現実逃避に本屋さんに行って
『食堂かたつむり』を買いましたbook
前から気になっていたのに読まずにいたら
読む前に映画化されてしまったのが悔しくてdash

夜勤の休憩中寝ずに読んだり
仕事の合間にこっそり読んだり
(そんなことをしていたら受け持ちがVTになったsweat01)
明けで髪を切りに行くにも持参して
カットやカラーの最中も読みふけり
結局2日で読み終わりましたflair

料理がしたくなりましたupupup
年が明けてから何かと忙しかったり
お弁当を作る縛りもなくなって
めっきり料理しなくなっていたんですが・・・
今はもう真夜中なので
明るくなったら久しぶりに
オニオングラタンスープでも作ろうかとconfident

料理好きな母が元気なうちに
全部伝授してもらっとかないとなぁapple

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.23

人のセックスを笑うな

山埼ナオコーラさんの。
最近映画化されましたね。
小説を読みました。

江國香織さんの東京タワーもそうだったけど
この手の話はたいていハッピーエンドにならないから
スイートな描写が盛り上がれば盛り上がるほど
この幸せはいつpeak outしてしまうんだろうっていう
何ともいえない不安とともに読み進めなければならなくなります。
推理小説読んでるみたいに妙にドキドしちゃう。

2人で抱き合いながら年越しできた幸せにユリが泣いてしまったところ。
怖くてユリの家の寝室に入れなかったみるめの気持ち。
なんだかとてもリアルだと思いました。
ナオコーラさんはこういう恋をしたことがあるのかな。

ただそばにいられることがどうしようもなく幸せ。
そんな恋が淡々と描かれていたように思います。
好きな人のそばにいられることは奇跡的なこと。

やっぱりユリをずるいと思ってしまう私。
どうしてもみるめ側から見てしまうみたい。
逆の立場を理解して読める日がきたらまた面白いのかもしれません。

同時収録されていた短篇も素敵なお話でした。
両方ともとても読みやすいです。
なんせ夜勤中に日付をまたがず読み終わってしまいましたからね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.18

ラン オンナ ラン

今週のAERAの記事。
ジョギングにハマる女性が増えているそうな。
私もよく夜に1人で走ります。今日も走りました。
私の場合は週1回のバスケでバテないための
体力づくりが主な目的です。
でも走ってガーッて汗かくのはとっても気持ち良い。
走ってるとその日の体調も何となくわかります。
調子がいいときはスイスイ走れるし、
生理前とか調子悪いときは途中で歩いてしまったり。
自分の身体に向き合えるいい機会でもあります。
しかし記事の中の「ハッシュ」ってやつ、
うまいビールを飲むために走るのか・・・
走った後は、やっぱり水が美味しいけどな。
まだまだお子様ってことかね。
芋焼酎大好きだけど♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)