しごと

2011.04.17

背中

いつだって余裕しゃくしゃく

フットワークは筋斗雲並み

どんな仕事もサクサクこなすしハイクオリティ

そんな先輩の背中を6年間追いかけて育った私。


追うべき背中を失って1年ちょい。

失ったものの大きさは日々強く感じるばかり。

気付けば私も8年目、師長代行もさせられるようになり。

係長不在となったことも重なり、一気に重たい仕事がふってきた‥

ついに平成生まれの新人がやってきたし(短大あがり)。

仕事中ふとまわりを見渡すと
自分の背中を追いかけてくる子たちばかりだったり。

頼れる先輩はちょっとしかいなくなっちゃった。


つまりは自分が『ヨユウシャクシャク』な背中を見せるしかないと気づく
2011年 春

そんな背中になれるかどうかは別として、ね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010.11.01

まじめに。

10月29・30で日本救急看護学会の学術集会に行ってきましたdash

2010aw_007

AHA心肺蘇生ガイドライン2010の改訂、思ったより変わってびっくりsweat01
AsysやPEAにアトロピンはエビデンスないとか
リドカインはVTに対して効果ないとか
けっこう効いてるイメージあるんだけどなぁ‥
これが臨床に浸透するのってどのくらいかかるのかしら??
しばらくは医師から2005と2010の入り交じった指示が飛ぶのかしらsweat02
ややこしいdown

研究発表のTopicsは家族看護とトリアージでした。
どこの施設もぶち当たる壁は似たり寄ったりなんだなぁって。
でも他分野の学会に比べて研究の内容は薄めな印象‥
全体の発表件数も少ないし、企業ブースも他の学会の1/4くらいの規模。
学会が助成金出してる研究や企業とタイアップしてる研究もなかったし
やはり救急は看護に絞るとちょっと弱いよね・・・
直接的な治療技術の研究は成果が見えやすいけど
人と人の関わりにおける効果ってただでさえ評価しにくいし
その上救急という特性上刹那的な関わりが多いのと
倫理的配慮が細かく求められる昨今の社会的背景とで
看護研究のフィールドとしては他の分野よりも難しいんだろうね。

みんな何にやりがい感じて救急看護を続けるのかな‥

ま、いっか。

学会後はパークハイアットへshine
これは1週間ほど前から決めていて
むしろこっちのほうが楽しみだった(笑)
久しぶりだったけどやっぱこのホテル大好きheart01
台風のため土曜の夜にも関わらず思ったより空いてたので
窓際の席に通してもらえたnote

2010aw_028

しあわせドリンク。
2010aw_014_22010aw_023_3

しあわせごはん。2010aw_022

しあわせな夜でしたheart02

しあわせすぎて飲みすぎて酔っ払い
翌朝起きたら冷蔵庫でお財布を発見yen
もちろん二日酔いで気持ち悪いし仕事は忙しいし。

ま、いっか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010.04.08

デスカンファ

今日初めてデスカンファというのを経験しましたclover

‘death conference’ 直訳すると『死の会議』
業界では患者さんの死を振り返る会を意味します。
症例検討の一つですが、ケアや治療の妥当性だけではなく
死に行く患者さんと関わるのはストレスフルなことなので
そのストレスを吐き出して共有してデトックスしよう!
・・・的な意味合いも持って行われます。

今の職場には途絶えそうな命をなんとかつなぎとめながら
救命を目的にたくさんの患者さんが運ばれてきますhospital
運ばれてきて私たちがあらゆる手を尽くしたとしても
残念ながらその後の命をつなぎきれないこともたくさんあります。
中でも先日壮絶な治療の末壮絶な死を遂げた患者さんがいて
今日はその人のケアについて振り返って話す会でした。

救命で働き始めてもうすぐ丸4年になりますが
その間数え切れないくらいの死と対峙してきたし
最近では他のスタッフが涙する場面でも涙が出ないし
自分はもうすっかり『死』というものに慣れてしまったと、
それも働く上では仕方のないことだと諦めていました。
でも今日、自分の気持ちを話していたら涙が出てきたweep
私の心もまだ鈍っていなかったんだなぁと・・・
ちょっと安心したような。

ただ、吐き出して楽になったというよりは
思い出して苦しくなったという方が大きいsweat02
防衛機制が働いて考えないようにしてたことだからかな。
でもこの気持ちを乗り越えてかなきゃダメなんだろうなsign04
悔しい気持ち、苦しい気持ち、怖い気持ち、悲しい気持ち。
乗り越えるにはどうしたらいいんでしょうねぇdash

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010.03.26

ターミネーション☆

今年度1年間私がプリセプターを担当した沖縄からの研修生。
Junfarewell_046
12月くらいから『もうそろそろターミネーションでいいんじゃない?』
という話を私から何度か切り出しては
『いや、まだもうちょっとお願いします!』
と断られるやりとりを繰り返し‥
本日羽田の出発ロビーにてようやくターミネーションを迎えましたairplane
ちょっと貸したつもりが1年間帰ってこなかったクリティカルケアの本は
ターミネーションの記念に贈呈しましたpresent
Junfarewell_048

まだ彼がEICUに来て間もない5月頃・・・
CPAの入室をとる私について外回りをさせようと試みたものの
ベッドから1mくらい離れたとこでフリーズしてしまい
救急医に『入って来ないと置いてかれるぞsign03
‥的なことを言われてきょどっていた彼の姿が
昨日のことのように思い出されます(笑)

そんな彼もこの1年間でCHDF、IABP、PCPSもみれるようになり
最近ではすっかり入室もさばけるようになって‥
日々頼もしく成長していく姿に私もすごく刺激されましたshine
男子、しかも私より年上のプリセプティなんて・・・と不安でしたが
彼の素直で優しいキャラクターにはとても助けられ
おかげで楽しい1年間になりましたhappy02
南国のスローペースにはときどきイラっときたりもしたけど(笑)

期間限定の研修生ということで成長した矢先に送り出さねばならず
なんだかとっても残念だし悲しいけれど
彼にはオキセキの新病院でICUを立ち上げるというミッションがあるので
是非頑張っていただきたいと思いますsign03

3月は別れの季節cherryblossom
出逢いがあれば別れが来るのは必然ですがやはり淋しいものですweep
新たな出逢いに期待heart01

バイバイ淳くんnote
Junfarewell_053_2 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.26

へろへろ

もうすぐ退職する先輩の退職理由でもありますが
最近、夜勤がしんどいwobbly
仕事的には夜勤が一番好きなんですけどね・・・
お菓子たくさん食べながら働けるし(笑)
いかんせん体力がついていきませんsweat01
昔は夜勤明けで寝ずにバスケとか行けてたのになぁ。
寄る年波には勝てませんbearing

夜勤では1人ずつ順番に1時間半くらいずつ仮眠をとるんですが
特に1番最後の4時くらいから休憩に入るパターンが苦手なんですsign01
朝4時ごろというのは最も睡魔に襲われる時間帯なため
そのタイミングで休憩に入るとかなりがっつり寝てしまい
休憩から出てきた6時頃、一番忙しい時間帯に
全くスイッチが入らず使いものになりませんsnail

今朝も一番最後の休憩で寝ぼけて出てきたら
私の受け持ち患者にちょっとした(?)トラブルがあり
ぼんやりした頭と身体に無理矢理スイッチ入れざるを得ず
何とか頑張ってみたもののけっこうしんどかったgawk
日勤さんにたくさん仕事を残してしまいましたsweat01
反省down

できる限り一番最後の休憩は回避したいものです・・・

かなりへろへろになりつつ珍しく残業して帰宅house
4時間ぐらい寝てお風呂入って夜はバスケbasketball
疲れてたしのんびり流してやろうと思っていたのに
MRさん数名から賭けバスケをふっかけられ
一番疲れる1on1をするハメにsweat02
えー無理無理・・・って思ったけど意外と調子が良く
全勝して3000円も荒稼ぎさせていただきましたyen
あざーすsmile
さらにゲームではやっと一緒のチームになれた救急医に
めっちゃロングパスで速攻走らされたしdashdashdash
一緒にプレイするの楽しかったから喰らいつきましたhappy02
結果、我がチームの完封勝利scissors

しっかしさすがにもう動けない・・・
もう若くないんだから、調子に乗ってはいけませんねpig

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.09.18

緩急

楽しい夏休みに気を取られていて
休み明けの勤務が過酷なことに気付かなかった‥
不覚。
夜・夜・明・休・中・中・日・中・日
昨日ようやくこの鬼のような勤務を終えたとこですdash

救急というのは本当に水物で
暇なときはとにかく暇で、忙しいときは戦場と化します。
最近気候がいいせいか基本的に暇なんですが
ちょいちょい重症入室や急変に当たることがあります。
休み明けからの1週間ほどの間に2回ほど嵐が吹き荒れました。
患者さんが少なくて超平和でダラダラしていても
HLが鳴って重症が来るとわかった瞬間一気に緊張感高まって
スイッチオン、テンション上げてかなくちゃいけない。
暇なときに無駄にピリピリ張り詰めてるのはキライだし
忙しいときは集中、暇なときはのんびりっていう風に
ちゃんと緩急つけて働くのが好きなんだけど
暇な期間が長ければ長いほど忙しくなったときテンション上げるのに労力が必要で‥
この1週間は平和な時と荒れるときの振れ幅が大きくて
その都度気持ちを切り替えるのにとっても疲れましたsweat02
おまけに明けの1休だし、そのあと5連勤だし。
毎日起きるのがしんどかったしお弁当作るのもおっくうで。
自分で勝手に課してる課題なんですけどね。
途中でお弁当継続諦めそうになったけど何とか意地で頑張ったsign01

相当疲れたようで昨夜は帰ってソファでごろごろしていたら
ごはんも食べずにそのまま寝てしまったらしく気付いたら朝でした。

今日は丸の内のフォーシーズンズホテルに泊まってきますshine
SPAが楽しみnote
セレブリティ気分を満喫して癒されてきますheart01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.05

学会@大阪

今年も褥瘡学会に行ってきました。
Osakakyoto_036
去年の神戸に続き今年は大阪とまたもや関西。
来年は幕張、再来年は横浜と今度は関東にくるそうです。

今年も興味深い研究発表がたくさんありました。
NIPPVやDVT予防器具による褥瘡についてもだいぶ報告が増えていて
去年は実態調査だけだったけどだんだん対策も含めた発表も出てきてました。
ポスター発表では実際の褥瘡の写真も掲示されてたので撮ってきました。
ここには載せられませんがかなりエグイです。
ウチはそこまでひどくなる前に対処してるから優秀な方かと思います。
でもいい加減プロトコルかなんか作らないとそのうち大変なことになりそう。
企業展示ブースも盛り上がっており、色々サンプルもらいました。
創傷被覆材もどんどん進化していてびっくり。
いつの間にかハイドロサイトよりいいやつが他社から出ていて
しかもウチでもハイドロサイトに替わって院内採用が決まっていたsweat02
はたして救急科の先生達はちゃんと使いこなせるのか??
悩みはつきません・・・

夜ご飯は去年と同様認定看護師のお姉さま方と一緒に。
和歌山で認定看護師をしてる人は全国に美味しいお店をご存知で
今回も彼女のナビで北新地にある『田田』に連れて行ってもらいました。
松茸の土瓶蒸やら秋刀魚の塩焼きやら岩牡蠣やら秋の味覚三昧!
Osakakyoto_042
Osakakyoto_040
お酒もたくさんいただきました。
『十四代』という日本酒がとっても美味しかったです。
私たちがあまりにたくさん飲んで食べるので板前さんに驚かれました。
Osakakyoto_038

会場はリーガロイヤルに隣接したグランキューブだったのですが
大阪といえばリッツのイメージがあったのでリッツに泊まりました。
東京のリッツと比べてしまうと普通のホテルに感じてしまいました。
東京の方が新しいし値段も倍以上だから当然なんだけど・・・
とはいえ十分素敵なホテルでした。
もちろんプールがあって夜と朝の2回泳いじゃいました。
おかげで学会2日目は11時から参加。やる気ない(笑)
居心地のいいホテルに泊まるのも考えものですねsweat01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.08.25

JPTEC

本日、JPTECプロバイダーコースを受講してきましたsign01
ウチも三次救急が始まってから重症な外傷がポツポツ来るようになりました。
外傷にはもともと苦手意識があったし特に初療に関してはほとんど素人で
以前外傷のHLが来たときERに呼ばれたのにちゃんと対応できなくて悔しい思いをしたことがあり
これは何とかしないとなぁと。
外傷に関しては治療はJATEC、看護はJNTEC、プレホスピタルはJPTECと色んな教育プログラムがありますが
JATECは医者しか受けられないしJNTECは学会に入らないといけないしおまけにかなりの順番待ち。
JPTECはうちの救命救急センター長のコネで受けさせてもらえるということで受けてきました。

プレホスピタルは普段働いてるときは関与しない部分だけど
まだ一切の診断ができない状況で患者に接触し
全身評価・車内収容・初期対応をすることの怖さと難しさを実感しました。
いつも消防庁から電話でHL要請を受けると
そんな軽症を三次でかけて来るなとか
もっとちゃんと情報とって送ってとか思っていたけど
実際自分がプレホスピタルを体験してみると病院よりかなり緊迫感があって
送るべき情報をついスルーしてしまう自分がいました。
病院はなんでも機材が揃ってるし医者も側にいる。
どんなに守られた環境で働いていることか。

最初は全然うまく対応できなくてアタフタしちゃったけど
朝8時半から夜7時までみっちり1日かけてトレーニングして
最後の実技テストでは成績上位TOP3として表彰されましたscissorsshine

休み返上で超疲れたけど楽しかったですnote

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.24

ACLS

今さらですが、ACLS受講してきましたsweat01
小心者の私は知らない人の中で受講するのが嫌で
院内開催のコースがあるから受けようという気になったのに
うっかり入金するのを忘れるという大失態のおかげで
結局ACLS協会主催のコースを受講するハメにsweat02
自業自得ですけど。

私の受けたコースは受講生がたった7人。
院内開催のコースは20人くらいだったのでかなり少人数です。
おかげでとても濃密なレクチャーを受けられました。
ちなみに受講者の内訳は・・・
Ns2人 2年目研修医2人 消化器内科医1人 開業医1人 医学生1人
かなりバラエティ豊かな顔ぶれ。
蘇生のロールプレイでは2グループに分けられて
私は研修医2人と医学生と一緒のグループに。
順番にリーダー役とメンバー役をやりました。
普段の臨床現場では、Nsの私はDrの指示に従って働いてます。
ある程度次の処置の予想を立てながら動いてはいるけど
基本的に診断や指示はDrの仕事なので治療方針を決めることはありません。
今回のロールプレイで実際にリーダー役をやってみるとすごく難しかったですcoldsweats02
迅速で的確な判断が求められるし、メンバーを動かさなければならないし
何より自分の指示した治療で患者さんの命が左右されるなんて怖すぎるsign04
Drの大変さをちょっとだけ体験できた気がします。
今までDrが変な指示出すとイラッときてましたが、反省。
これからはACLSプロバイダーとして『建設的介入』ができるよう意識したいと思いますhappy02
2日間のコース大変でしたけど実技も筆記もめでたく合格することができましたscissors

同じ日に院内開催のコースでACLS合格した先輩と、
前日が誕生日だった先輩と3人で
終わってからミッドタウンのレストランで祝賀会をしましたheart04
めでたいshine
次はJPTECプロバイダーを目指します♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.05.21

ウィルスパニック

巷は新型インフルパニックですね。
東京でも感染者が出たとのこと。
時間の問題とは思っていましたが‥
渋谷を歩いていてもマスク人口増えてます。

病院で働いている私ですが今のところ影響は感じていません。
それより。
うちの病院は電カルパニックに見舞われていました。
17日の23時頃、突然電カルが開かなくなったらしい。
復旧したのは翌日18時。それまでは全て紙運用。
私は17日が中勤で22時頃帰り、18日は夜勤で20時頃出勤したので
ちょうど電カルフリーズをすれすれで免れました。
何という強運sign01

薬や検査のオーダリングも全て紙伝票の手搬送。
私が入職しときからオーダリングは既に電子化されていたので
紙伝票での運用なんて想像がつきませんが
実際働いていたスタッフは相当大変だったみたいです‥

今回電カルが止まった理由はまだ明らかにされてませんが
最近USBを介して感染するウィルスが院内で流行っていて
医事課のPCが感染してサーバーとめて駆除した経緯があるので
今回もウィルスが怪しいんじゃないかと私のアセスメント。

お騒がせなウィルス達は困りものですが
便利な世の中にあぐらをかきすぎてる私たちへの警告でもあるのかもsweat01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧