« September 2015 | Main

November 2015

2015.11.06

Human Caring

今日は、母校でDr. Jean Watsonの講演を聴いてきました。
私が学部に在籍していた2003年にも母校でWatsonの講演がありましたが
当時の私は看護理論のような抽象的なものに全く興味がなく
むしろケアリングのような甘ったるい考えを嫌悪していた不良学生だったので
完全スルーしていたんですよね…(恥)

WatsonのHuman Caring Theoryは、看護における目に見えない現象を言語化することを目指しています。
単なる看護介入や医療的処置、それに伴うアウトカムだけでは評価できないケアリングという概念を
人と人に間に生じる現象として、他の科学では説明できない「Mystery & Miracle」すらも含めて
10 Caritas Processとして論じています。

つい先日、Dr. Patricia Bennerの来日記念講演にも行ってきました。
Bennerの講演では、クリティカル領域の現場における実例が多く語られたのが印象的でした。
治療的ニーズが大きいクリティカルな時期には、看護の成果と治療の成果が区別しにくいので
一般的に「看護」が語られるときにはがん看護などの亜急性期から慢性期にかけてであることが多いのですが
BennerはICUにおける新人指導の場面や、心肺停止時の蘇生場面などを実例として挙げていて
クリティカル領域で臨床経験を積んできた私としては、イメージしやすかったです。
一方でWatsonの挙げる実例では、どちらかというとクリティカルではない場面が想起されました。
「5分間、何もせずに患者と共にいる」というプロトコルも、救命救急センターでは難しいことです…
それでも、Watsonの唱えるHuman Caringが救急看護においても重要なのは間違いないと思います。
「救急だからHuman Caringはできない」なんて、情けない事は言いたくない。
「救急でもできる」むしろ「救急だからこそできる」Human Caringを諦めたくないと思いました。

アメリカでは、WatsonのCaritas Modelを電子システム化した病院もあるそうです。
Watsonのケアリングと電子システムは相対するもののようにも見えるけど、やろうと思えばできるみたい。
その結果、看護実践におけるケアリングが言語化され、ケアリングが明らかになったとか。
「どんなに素晴らしい看護を実践していても、それを言語化して残さなければやらなかったのと同じです」
ええ、その通りです… 私もまさにそれが課題だと思っていたところ。禿同。
わかっていても、難しいのが言語化。更に難しいのはそれを概念化することだと常々。
Watsonは今年9月に、ケアリングの測定に関する新しい論文を発表したそうです。
目に見えないものを言語化し明らかにするために、大家もまだ研究し続けているのですね。

日々の臨床やCNの仕事に忙殺されていると遠くなりがちなアカデミックな観点を
隣に母校があることでしばしば思い返させてもらえる機会があるのはありがたいことです。
それにしても、医学書院主催のBenner来日公演は1万円だったことを考えると
Watsonの講演を無料でやっちゃう母校の太っ腹さ、
そして母校の教授とWatsonとのrelationshipに脱帽…



| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2015 | Main