« 管理者と実践家 | Main | ケアリングへの挑戦 »

2013.11.14

ケース発表

実習が終わってから1ヶ月
ずっと向き合ってきたケースレポート
今日はついにその発表会でした

予演の時からみんなかなり修正を加えてあり
わかりやすい発表になっていてびっくりしました
予演会でお互い建設的な意見交換ができたからこそだなぁと思います
言いたいことはたくさんあっても
7分で効果的に伝えられる内容は限られていて
いかにポイントを絞ってドラマティックに発表するか…
ベンチマークしたくなる友人の発表もたくさんありました
あたし自身も前々日にスライドを試写してみたら
見にくかったりわかりにくかったりするところがあり
前日に急遽手直ししました
発表では、ありがたいことに救急看護会の重鎮からご質問を頂きました
あまりスマートに返答できませんでしたが
何度かやり取りする中で気付かせてくださる質問でした
こうゆう質問をできるようになりたいですね…

あたしは第2群で座長も務めました
質問のやりとりをまとめる難しさは予演で感じていましたが
その群における雰囲気・進行なども座長が左右するのだということに気づき
演者・聴衆・座長の相互作用がうまく働くように促進する役割が座長にあるのかなぁと…
まだまだ座長としての腕はたりませんが、とてもいい経験になりました

実習で直接指導していただいた指導者さんも来てくださっていて
発表のあと暖かい言葉をかけていただいた上に
便箋2枚にアツいメッセージが込められたお手紙を頂きました
担任は担任で最後の挨拶で感極まって男泣き…
あたしまでもらい泣きしました
こんなに愛のある人たちに囲まれて実習できたありがたさを再認識し
いろいろ大変だったけど本当によかったと思います

あとは再来週に全体発表会
ポスター発表はしたことがないので不安…
スライド枚数を減らさねばなりません
ケースレポートの本稿も、一応完成してるけどもう少し洗練できないか要推敲!

|

« 管理者と実践家 | Main | ケアリングへの挑戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/58578280

Listed below are links to weblogs that reference ケース発表:

« 管理者と実践家 | Main | ケアリングへの挑戦 »