« 2.5人称の看護 | Main | たからもの »

2013.11.01

種の多様性

今日も朝の会で担任からお話がありました

種の多様性が失われつつあることへの危惧
それは人間の価値に偏った自然操作が原因であり
結果として第6次絶滅時代にあるとゆうこと
価値の多様性として置き換えて考えたとき
職場においても偏った価値観で他を切り捨てていないか
これから先CNとしてリーダーシップをとるとき
多様な価値を尊重しながら『7割OK』を目指すことが大切


この話を聞いて、色んなことが頭に浮かびました
職場には色んな価値観で働いてるスタッフがいて
今のクラスみたいに救急看護における共通言語を持っているわけじゃない
そうゆう多様な価値を尊重しながらも
ひとつのビジョンを共有して働くことは可能なのか?
そもそも、看護師とゆう職種の幅が広く働き方も様々で
『看護とは何か』すら明らかにすることが難しい中で
あたしたち一部の価値観で何かを推し進めて行くことは不可能…
押し付けるのではなく、理解を得ることは可能なのか?
色んな壁が容易に想像できちゃって気持ちが萎えた…
職場に戻ってからが本番の始まりなんだけど
戻るのが若干恐ろしい今日この頃

|

« 2.5人称の看護 | Main | たからもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/58515204

Listed below are links to weblogs that reference 種の多様性:

« 2.5人称の看護 | Main | たからもの »