« September 2013 | Main | November 2013 »

October 2013

2013.10.31

2.5人称の看護

担任はHRでいろんな話をしてくれます
授業がない今のケースレポート期間は
ある意味担任の独壇場と言ってもいいかも笑
今日の朝の会の話題は「2.5人称の看護」についてでした

看護師として患者さんに関わる時
患者さんを「私の大切なあなた」としての2人称にすることはできないけれど
3人称ではなく2人称に近い「2.5人称の看護」を目指そう、とゆうお話
(source:柳田邦男)
実習前にも話されたことがあったけど
実習を終えてケースレポートに取り組む今
この考え方の本質がよく見えます
感情労働としての割り切った共感ではなく
ケアリングとしての共感の意義を考えさせられました

担任のお話は看護に熱く
といっても看護に止まらず自然環境にも言及したり
様々な視点から自分の立ち位置を考えるのに役立ちます
今日で10月もおしまい
学生でいられるのもあと1ヶ月を切ります
ありがたいお話を聞ける幸せを噛み締めつつ
残りの学生生活をじっくり味わいたいな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.30

第1戦

昨日仕上げた第一稿を引っさげて担任に挑んできました

レポートを渡すと、その場でおもむろに読み始める担任
そこそこ量があるのでしばらくすると
「待ってるのもなんだよね、読み終わったら声かけるよ」と言って
職員室に行ってしまいました
待つこと50分、担任再登場
すごい時間かかってるから、そんなに読みにくかったかな…などと心配しておりましたが
もう1人の担任にも見せて一緒にクリティークしていたらしい
第一声は
「すごくいい感じにできてきてるねー」
とゆうことで、ホッとしました
「考察でもっと自分の看護の成果を強く述べちゃっていいよ。実際アウトカム得られてるんだし」
考察が浅いのは100も承知だったから、そのへんは予想通り
でも自分の述べたいことは伝わったみたいだから一安心

もっとメタメタに言われるの覚悟してたけど
意外と大丈夫でしたー
次なる目標はプレゼンパワポ付きでの挑戦!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.29

前に進む力

『まずは量。形にすること。
その上で、余力があったら質を。
前進するチカラも能力です。』


これは、実習中に勇気をもらった言葉
前任の救急看護学科主任教員による名言です
この言葉にハッとし
うだうだ考えてるだけじゃ何も伝わらない
とにかく形にして、それを修正してけばいい
そうやってボロボロになりながら前進していくんだと悟りました

この考え方にはケースレポートに取り組む今も
すごく支えられています
とにかく、自分の考えを形にして担任に見てもらう
完璧じゃなくていい
そこからいくらでも修正できる

そう思って、今日は気合をいれて図書室に籠り
とりあえず第一稿を完成させました
考察はまだまだ浅いし完成度は低いけど
荒削りながら自分の言いたいことを盛り込んだから
あとは担任によるクリティークと自分との戦い

明日は今日仕上げた第一稿を持って担任に挑みます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.28

自分を追い込む

今日はケースについて担任と2回目の面接

あたしは前回の面接で決めた方向性を「はじめに」として文章化し、
あとは考察の持っていきかたを軽くまとめて面接に臨みました
看護過程の展開の中で、自分の考えをどう表現するかみたいなところでアドバイスをもらい
あとはだいたいあたしの意図する方向で進んで良さそう
特にいつまでに何を、とゆう指示はなかったけれど
思いのほかタイトなスケジュールなため
自分で自分の期限を決めて追い込もうとゆうことで
30日までに一通り仕上げて出すことにしました!
できるかどうかはアレですけどねー

あたしは、実習指導者さんが記録を丁寧に進めていく方針の方だったので
途中でラウンドに来た教員からは
「どの症例でもそのままケースに使えるぞ」と言われていました
それでもやはり、いざケースを書こうとすると言語化は難しいです
難しいけど、伝えたいことがあるから、頑張りたい
自分との戦いです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.24

自己評価の困難さ

昨日で実習記録を一通り仕上げてホッとしていたのですが
全ての症例に自己評価表を付けて提出せねばならず
実はまだ1つも評価していなかったので
今日は1日それに取り組みました
それが思いのほか大変な作業で…
1症例につき13の評価項目があり
それぞれABCDの4段階で評価するのですが
全てに評価の根拠記述せねばならず(ー ー;)
すごーく悩みながら評価をつけました…
誰かに評価されるだけならすごく楽だけど
自分で自分を客観的に評価する難しさを実感

苦しみながらも何とか評価表を作り終わったので
あとはプリントアウトして体裁を整えて提出!!
明日の午前中に提出にいけるかな??
そしたらようやくケースに潜れます(^^;;

【おまけ】
今日は担任のお誕生日でした!
Happy Birthday♡
1382618601027.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.23

準備ちう

昨日、ケースレポートの方向性は決まったのですが…
まだ潜れてません(^^;;
なぜなら、実はまだ実習記録が未完成だから!
なんとか実習期間中に症例はとったのですが
記録を追いつかせるのは至難の技でして…
ICU記録3例は全て何度か修正のやりとりができていて
あとは誤字脱字修正程度だったのでよかったのですが
初療記録2症例分がほぼ手付かずで残っていました
実習終わってバタバタしてたらすぐ学会だったので
帰ってきてから慌てて取り組みましたが思うように進まず…
実習中は一晩で初療1症例仕上げてたのに…
あの集中力はなんだったんだ??と思いました(苦笑)
なんとか今日、初療記録を書き終えて、ICU記録の修正も終わりました!
バンザイ!!
あとは、それぞれに評価表を付けて提出するのみ…
いやぁ長かった…

実習記録を片付けないとケースに移れないので
早いとこ片付けちゃいたい!
今週中には指導者さんに提出して手放したいなー


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.22

潜る

今日は担任と面接
ケースレポートの方向性をプレゼンしました

あたしは、問題解決型思考から実践した炭酸浴が
ステージが変わっても継続された背景を
ケアリング用いて裏付けしていく方向性をプレゼン

ケースレポートのコンセプトは
自分の行った看護実践によって期待されたアウトカムが達成されたかを論じ
その根拠や過程を理論を用いて証明するとゆうもの

あたしの場合、炭酸浴で期待以上のアウトカムを得られたし
それを示すデータもたくさんあるので
看護実践によるアウトカムを証明するだけなら簡単かつシンプルなのですが
それだけで終わりたくなかったのです…
ただ、この方向性がケースレポートとしてどうなのか?とゆう部分に不安があり
面接で担任に相談
担任①『俺はこうゆうのが好きだぞー』
担任②『アウトカム示すだけだともったいないね』
担任①『そのまま行け!』
…てな感じでOKが出ましたので
あたしの目指す方向性で進めさせて頂きます!
ケアリングの海に潜るぞー!

今日は久々にお弁当
グラタンが美味しい季節♡
1382485810078.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.21

ただいま。

今日から学校に通う日々が戻って来ました
授業はもうほとんどありませんが
これからは来月のケース発表にむけてケースを深める作業に入ります
実習とは違った意味で、実習よりもつらいとゆう噂もあるケース発表…
自分の行った看護実践の意義を掘り下げ、理論を用いて論じてゆく
脳みそが溶けることが予想されますが
逃げずにしっかりと向き合ってゆきたいと思います!

…なにはともあれ
久しぶりにまたクラスのみんなと学校で会って
一緒に過ごせるのがとても楽しいし
なんだかすごくホッとしています♡
あと1ヶ月ちょいしかない学校生活
1日1日を大切に過ごしたいと思います

今日のランチはちょっと豪華に♡
これで800円とゆう驚異のコスパ!
美味しかったです(o^^o)
1382517449906.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.20

実習終了→学会!

バタバタしていて更新が遅れましたが…
15日で無事に実習が終了しました!
実習の6週間の間は
新しい発見に感動・興奮したり
サブミッションに苦悩したり
とても楽しいけどとてもつらいとゆう
今まで経験したことのない複雑な感情と向き合う日々でした
簡単には言い表せないけれど
たくさんのことを得られたのは確かです
自分自身を変えることができなかった点は残念でしたが
救急看護と向き合えたとゆう点ではとても充実した日々でした

…実習後の余韻に浸る間もなく
18日から学会のため福岡に飛びました!
これも授業の一貫ですが
九州初上陸だったあたしは完全に旅行気分♩
美味しいものをたくさん食べました(๑´ڡ`๑)

実は学会に参加するのは3年ぶりで
以前参加したときに比べてずいぶん規模が大きくなっていて驚きました
学会員もどんどん増えているらしい
救急看護がいかに発展のさなかにあるかを象徴してますね

CN教育課程の授業や実習を経て参加してみると
今までとは違う視点で発表を聞くことができました
質問も初めてさせていただきました!

あたしは本当に外の世界に疎くて
業界の派閥とか有名な人とか全然わからなくて
でも今回、担任と一緒に学会に参加したことで
有名人たちの顔と名前がようやく一致しました
懇親会にも初参加し、派閥的なものもあれこれ教えてもらいました笑

久しぶりの学会、すごく楽しかった!
リフレッシュにもなりました☆
明日からはまた学校が始まります
ケースレポートとの戦い!!!
頑張るぞー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.12

キラリ☆

職種に関わらずどんな職場にも
『キラリと光る人』っていますよね

キラリと見えるポイントは
見る側の価値観によって異なる主観的なものですが
あたし的キラリポイントはこちら↓

・問題意識を持って仕事をしている
・卑屈っぽくなく前向き
・フットワークが軽い
・正論を振りかざさない
・柔軟性がある
・既成概念にとらわれない
・自分なりの野心を秘めている
・コミュニケーション能力にたけている

実習先でドンピシャなナースと出会い、仲良くなりました
彼女と出会えたことだけでも、今回の実習に来た価値があると思ってます

お互い志は酷似しているのに
保守的かアグレッシブかによって選ぶ道が違うところが興味深く
でもいつか同じところに着地してまた出会うんじゃないかなーって
勝手に妄想を膨らませてwktk♡


実習もあと2日!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.04

実は結構負けず嫌いなワタクシ
偉大なる指導者さんにも果敢に挑むわけですが(馬鹿)
これでどうだ!と寝ずに仕上げた渾身の記録も
数時間後には無残にも赤ペンだらけの満身創痍…
それでもなにくそ!と食らいつき
ほらほらここまで来たよ!と指導者さんにアピールしても
『あらそうですか、次はこっちですよー』的な感じで
サラリともっと高いとこに来いと言われる

もう何年も目標は自分で決めてクリアしてきたから
どこか妥協したり手を抜いてきたとこあったんだろうなー
こうゆう永遠にクリアできない感じが新鮮だし
ちょっとおもしろくなってきました!
すんごいキツいですけど(^^;;

あと10日!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »