« 第1戦 | Main | 種の多様性 »

2013.10.31

2.5人称の看護

担任はHRでいろんな話をしてくれます
授業がない今のケースレポート期間は
ある意味担任の独壇場と言ってもいいかも笑
今日の朝の会の話題は「2.5人称の看護」についてでした

看護師として患者さんに関わる時
患者さんを「私の大切なあなた」としての2人称にすることはできないけれど
3人称ではなく2人称に近い「2.5人称の看護」を目指そう、とゆうお話
(source:柳田邦男)
実習前にも話されたことがあったけど
実習を終えてケースレポートに取り組む今
この考え方の本質がよく見えます
感情労働としての割り切った共感ではなく
ケアリングとしての共感の意義を考えさせられました

担任のお話は看護に熱く
といっても看護に止まらず自然環境にも言及したり
様々な視点から自分の立ち位置を考えるのに役立ちます
今日で10月もおしまい
学生でいられるのもあと1ヶ月を切ります
ありがたいお話を聞ける幸せを噛み締めつつ
残りの学生生活をじっくり味わいたいな

|

« 第1戦 | Main | 種の多様性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/58494375

Listed below are links to weblogs that reference 2.5人称の看護:

« 第1戦 | Main | 種の多様性 »