« 前に進む力 | Main | 2.5人称の看護 »

2013.10.30

第1戦

昨日仕上げた第一稿を引っさげて担任に挑んできました

レポートを渡すと、その場でおもむろに読み始める担任
そこそこ量があるのでしばらくすると
「待ってるのもなんだよね、読み終わったら声かけるよ」と言って
職員室に行ってしまいました
待つこと50分、担任再登場
すごい時間かかってるから、そんなに読みにくかったかな…などと心配しておりましたが
もう1人の担任にも見せて一緒にクリティークしていたらしい
第一声は
「すごくいい感じにできてきてるねー」
とゆうことで、ホッとしました
「考察でもっと自分の看護の成果を強く述べちゃっていいよ。実際アウトカム得られてるんだし」
考察が浅いのは100も承知だったから、そのへんは予想通り
でも自分の述べたいことは伝わったみたいだから一安心

もっとメタメタに言われるの覚悟してたけど
意外と大丈夫でしたー
次なる目標はプレゼンパワポ付きでの挑戦!

|

« 前に進む力 | Main | 2.5人称の看護 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/58486096

Listed below are links to weblogs that reference 第1戦:

« 前に進む力 | Main | 2.5人称の看護 »