« July 2013 | Main | September 2013 »

August 2013

2013.08.30

あと1週間

今日は面接2日目
昨日面接を終わらせたあたしは自己学習、つまり完全フリータイム
災害看護のレポートを仕上げたり、実習先で実施する指導案を作ったり、実習自己課題を詰めるための文献を調べたりしました
ここ1週間はシミュレーション、テスト実習自己課題レポートとゆう多重課題を抱えながら
授業も詰まっているとゆうタイトな日々が続いていたので
今日は比較的のんびり時間を使えてホッとひと息つけた感じです

あたしは面接で特に自己課題について指摘されることはなかったのですが
うまくプレゼンできずに撃沈してくるクラスメイトもいました
決してあたしの実習課題が素晴らしいわけではないと思うので
問題があるとすればそのプレゼン方法なのかも?と思ったり
担任が重視しているポイントは、なぜその課題に取り組もうと思ったのかという動機と
その課題に取り組む方法に関する根拠をどの程度調べているのか
そして何を評価基準にするのかとゆう3点だと思うので
そのへんをもれなくプレゼンできればあまり大きく問題は生じないはず…

あたしは来週2回目の面接予定
課題に取り組む方法をもう少し具体的に詰めてプレゼンします
特にICU課題はあたしの好きな分野だから
いいケアが実践できるように引き出しいっぱい用意して臨みたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.29

実習の足音

今日・明日は担任との個人面接
担任との面接も入学以来3回目になりますが
今回のメインテーマはthe実習自己課題

もう学校での授業は今週でおしまい
来週末から実習がはじまるのです!早い…
実習に臨むにあたり、自己課題を設定するのですが
なぜその課題を選んだか、どのように取り組むのか
文献を調べながら詰めておかねばなりません

あたしは今日が面接日でした
比較的早い段階でやりたいことは決まっていたけど
その中でも具体的に評価できる内容に絞るのが直前になってしまい
一応紙面にまとめてみたけど大丈夫かなーと不安でしたが
なんだかあっさりOKが出ました…
とりあえず方向性は問題ないってことみたいなので
また文献調べて具体的な方法を詰めて行きたいと思います

ヒタヒタと実習の足音がきこえてきます
学校でみんなと授業受けるのもあとちょっとだと思うとすごくさみしい…
残りわずかな時間、無駄にしないように過ごします

今日のお弁当
1377819359493.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.28

聴診!

今日は午前中に先日受けたフィジカルアセスメントの筆記テスト
午後はシミュレーターを使った呼吸音と心音の聴診演習からの実技テスト

筆記テストはまぁなんとか…なったような…

午後の演習は、呼吸音は普段から聴き慣れているから難しくなかったけど
心音が難しかった!
なんせ看護師になって10年間、心音の聴診についてちゃんと教わったことがなく
今まで全く心音を聴いて来なかったので…
聴診器はシングル使ってるし(汗)
でも今回、ちゃんと聴き方を教わって、ちょっと聴き分けられるようになったかも!
今時はすぐにエコーできるからあまり心音を聴く意義はなくなってきてるとは言うけれど
機械に頼らずに分かることが増えるのは嬉しいし楽しい♩

今日のランチは胃もたれのためコンビニサラダのみ
最近食欲ないことが多め…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.27

おくちのエチケット

今日は1日口腔ケア演習
口腔外科の医師と歯科衛生士の方が講師でした

マウスケアは日々やっていたけれど
その深い根拠は知らずにやってきたなぁと…
知らないと怖いことがたくさん!
特に口腔の解剖学的な特徴は知らないことが多くて
粘膜のすぐ裏が骨だったり、さらにそのすぐ裏が延髄だったり…
うっかり間違うと危ないことがたくさんありました!

自分の口腔内環境checkもしました
プラーク染色は小中学校でもやりましたが
唾液のpHや細菌定量は初めてでした!
今んとこ問題はなさそうで一安心

口腔モデルへのマウスケア実習は、モデルがリアルに出来ていて勉強になりました
でも挿管されてなかったからやりやすかったかな…
挿管されてるとどうしても視野が狭くなるのでやりにくいんですが
オーラルワイダーとゆう唇を広げてくれる器具がとてもよかった!
実際に自分でつけてみたけど全然痛くないし
口腔内すっごい見やすい!
職場で買って欲しいなぁ

ちょっと話がそれますが
Qケア最近うちの病院で採用されたらしい♩
使いにくいとこもあるけど、やっぱり救急で入院してくるCtに買ってもらわなくてもいいのはありがたい!

今日のお弁当
ひさびさに卵焼き作りました
1377776951571.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.26

シミュレーション!

今日は、夏休み前からGWで取り組んできたACS初期看護のシミュレーション教育を実践しました!
高性能なシミュレーターがある研修施設で、クラスメイトを相手に自分たちの練ったシナリオを実際にやってみたのですが
リハーサルではなかなかうまくいかなかったり、想定付与や評価基準に悩みながらもグループ内でコンセンサスを確立して進めてきたから
実践でもチームワークを発揮してなかなかうまくファシリテートしながら目標達成に導くことができました!
準備で練習までたどり着けなくて、結局ぶつけ本番になってしまったデブリーフィングは
どうしてもフィードバックになってしまって難しさを再確認したけど
準備や練習してきたことに関しては練習以上の出来だったんじゃないかと思います

それにしても、シミュレーション教育って本当に難しい!
受講生との相互作用で作って行くものだけに、どんな受講生がきても一定の目標達成を保証するためにあらゆる想定が必要だし
シナリオ内で自ら課題に気づけるような想定付与、条件設定、時間制限などなど…
こんなに緻密な設計が必要だなんて、このGWに取り組むまで知らなかった
去年あたしがやった心肺蘇生のシミュレーションなんてちゃんちゃらおかしかったなー
それでも何とかなってたのは、あたしがほぼ1人で企画したから他スタッフと共通認識が必要なかったこと、
時間制限や合格基準がなくても大丈夫な緩めの勉強会だったから
これから1つのシミュレーション学習を複数のスタッフでファシリテートしていくとしたら
今回みたいにしっかりと設計しないといけないから、本当にこのGWがあってよかったです

次は9月3日に同じシナリオでtry again!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.23

『思い』の脆弱性

今日は夏休み前から始まったシミュレーション学習のGW中間発表会
指導案の制作過程をプレゼンしました

今回のGWは授業ほとんど時間外で進めて来たのでこのBlogにはこれまでの過程をあまり書いて来ませんでしたが
短期間で結構な回数のGWをこなし、議論を重ねて来ました
あたしたちACSグループはロジカルシンキングができる人が多く
指導案作成に当たって感情的ではなく論理的な議論ができている自負はありました

もちろんその中で意見の相違は数知れず
3歩進んで2歩下がるようなペースで話し合いを進めてきましたが
今日の発表ではこれまでの思考過程が間違っていなかったと感じました
相手グループとの質疑応答では、『思い』だけでは弱いことがよくわかりました
そして『思い』同士の議論は平行線となることも…

あたしたちのチームの一番よかったことは
我慢強くコンセンサスを深めてきたから
質問に対して誰でも答えられたことでした
まだシナリオ自体の完成度は粗いけれど
これから頑張れるはず!

今日のランチは胃もたれにてパスw
疲れがたまり気味…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.22

論理的思考と概念化

今日は1日フィジカルアセスメントの授業
講師は医師から看護師となり看護大学教授をしている方

もっとフィジカルアセスメントの実技的なことをするのかと思いきや
概論的な内容でした
やはり大学の先生、概念化を大切にしなさいとのことでした

『まず考えろ!考えたことを相手に伝えるために概念化してアウトプットせよ!』

これはCNの授業で一貫して言われ続けていることで耳タコですが
臨床に戻って実践の中でこれを意識し続けるのはきっと大変なんだと思う
でも、意識し続けます!

今日のランチ
お酒を飲み過ぎた翌日はカップ麺とゆう法則
1377211558669.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.21

続・ゴクリ。

災害看護2日目
今日も脳みそフル回転でした

今日は夜勤中に災害が起きたと仮定して
災害時のIncident Cmmand Systemを考える机上シミュレーション
小規模病院の場合と大規模病院の場合2通りでやりましたが
どちらも違う難しさがありました
小さいとこだと夜間院内に医師が1人しかいなかったり
その医師にコマンドを取らせるべきか否か…
大きいとこだと医師が多過ぎて情報伝達が難しそうだし
入院患者の安全確保、それに加えて新規患者の受け入れ…
あーでもないこーでもないと議論しているとあっとゆう間に30分たち
あらかじめマニュアルで指揮系統を決めておくことの大切さを痛感しました

実際にとある病院の災害対策マニュアルを見てみると
確かに指揮系統は明記されてるものの
1人に割り振られる役割にムリムダムラがけっこうあったり…
実は自分の病院の災害対策マニュアル見たことなくて
早急に読み込もうと思いました(汗)

他にもリアルに災害を想定して考えさせるミニGWが盛りだくさんで
授業が終わったらドッと疲れました…
いつもいかに頭をつかっていないか(^^;;
災害時は判断の連続、考えることが必須
普段からもっと意識しなくてはー!

今日のお弁当
1377173698941.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.20

…ゴクリ。

夏休み明け最初の授業は災害看護について
講師は去年まで救急看護学科主任教員だった方で
救急看護認定看護師の間では伝説的な方です

言葉や思考、論理をとても大切にする先生で
『災害看護とゆうテーマはツールでしかない、今日・明日の授業で考える力を身につけてもらいます』
と冒頭に宣言されてビビったりもしましたが…
確かに言葉の使い方や思考過程を指摘されまくりました
でもやはり何がすごいって、先生の災害看護に対する熱い情熱でした!
全ての原動力は日本で災害看護を認めてもらえない悔しさ
そこから将来のビジョンや野望に繋がっている
そしてそれをみんなに伝える言語スキルや戦略を練る論理的思考がずば抜けている

病院やシステムが何もなくなった災害現場で看護を見出す
そのために看護理論があんなに役立つなんて!
看護理論がいかに実践を大切にして作られているのかを思い知りました
理論なんて机上のもの…なんて思い込んでた自分の未熟さを痛感
病院やシステムに守られていれば、理論的概念を無視した上っ面の実践でも何とかなるけど
守られるものがなくなって1人になったときブレずに看護を実践するには
看護理論家たちが必死に築き上げて来た概念がものすごい後ろだてになってくれる
学問てすごい!て思いました


救急看護がようやくぼんやり見えてきたかな?くらいのあたしですが
いつ起こるかわからない災害時にも看護を見失わないように
そんな礎を少しでも自分のものにできるように
明日も授業にくらいついていこうと思います!

久々のお弁当
1376998654065.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.19

後期テスト2日目

夏休みがあっとゆう間に過ぎ去り
後期テスト2日目

小児看護
妊産婦看護
リハビリテーション
臨床検査
栄養評価
創傷管理
リスクマネジメント
災害医療

の8科目でした
自施設の師長さんが担当した科目があり
しかも過去問がないのでかなりプレッシャーでした
苦手分野の小児や授業が難しかった臨床検査など
今回は結構ボリュームがあってキツかったけど
たぶん何とか乗り切ったかな…

結果が戻ってくるのドキドキです(・・;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.09

後期テスト1日目

前期テストの結果が全て返却されてからまだ10日ほどですが
早くも後期テストがやって来ました

1日目の今日は
・外傷初期看護
(概論、循環、意識、家族)
・呼吸不全
・循環不全
・脳血管障害
・精神科疾患
・薬物中毒
の9科目でした

今回は全て専門科目
病態に関することが多い分、テスト勉強は解剖生理をみっちり勉強しました
それぞれの分野がつながっていたし
前期でやった侵襲と生体反応ともリンク
まぁ生体反応は全てに通じますが…

とりあえず1日目が終わって夏休みに突入♩
夏休み明けにテスト2日目です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.08

成長

ACS指導案GW第2回

昨日は対象分析や目標設定がブレまくったあたりで終わったのでその続きから…
今日も3歩進んで2歩下がりつつ、何とか前進してゆきました!
今回のGWは今までの集大成とゆうだけあっていろんな要素を含んでいるし
1グループの人数が14人もいてコンセンサスを得るのが大変だし
今までのGWがちっぽけに思えるくらい難易度高いのだけど
前のGWよりもうまくディスカッションできている気がします
メンバーに恵まれてるのもあるし、スカイドライブやプロジェクターとかを駆使して情報共有のための工夫ができるようになってるのもあるけど
それぞれがこれまでのGWを経て確実にディスカッションが上手くなっているとゆうのも感じます
ほとんどのメンバーが、『いかに議論が脱線しないようにするか』を注意してるのがわかる
きっとみんな、これまでのGWで脱線して痛い目見てきたんだと思う
あと、これまであまりGWで発言してこなかった人も含めてみんながちゃんと議論に参加できてる
これは素晴らしいことだと思う!
大変なGWであることに変わりはないし、明日はテストだし、まだ先が見えないけど
そういった成長を感じることに支えられて、諦めずに頑張ろうって思います

今日はお弁当作ってきたけど唐揚げが食べたくなって買っちゃいました
1375962005053.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.07

GWふたたび

昨日の授業を受けて
今日からシュミレーション教育のGWがスタート
あたしはACSのチームになりました

先月終わった『救急看護って何ですか?』がHGW(the Heaviest GW)だと思っていたのに
実は今回のGWがすごーくキツいとゆうことが判明!
しかも
1.シュミレーションデザインの理解が曖昧
2.グループの人数が多いためグループ内の認識を統一するのが難しい
3.期間が短い上にテスト期間と重なっている
…といった悪条件が多数重なり、困難を極めます

特に3.による影響は深刻で、焦るあまりにどうしても結論を急ぎたくなり
無意識に議論をはしょったり言葉の定義を疎かにしてしまうのですが
そうやって適当に決めたことはどうしてもブレやすく、結局何度も行ったり来たりしてしまうとゆう悪循環にハマる…
とにかくテストが終わらないことには腰を据えてGWに取り組むのは難しそうだけど
テストが終わるの待ってると時間が足りな過ぎるとゆう絶体絶命の追い詰められよう…
ひとまずテスト1日目を乗り切ったら夏休みに入るから、少しは余裕が出るかな…

不安過ぎるー
突如訪れた危機的状況
何とか乗り越えないと実習どころではありません(汗)

今日のランチ
前夜の会食が重かったため軽めにして調整
1375875553359.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.06

こんふゅーず

今日は病態アセスメントと指導デザインについて

病態アセスメントはいつもやってる内容の再確認
指導デザインは難しかった…
今まで教わった古典的な指導案の作り方とは違って
成人学習向けのモデルだったのですが
同じ言葉が違う意味で使われていたりして非常に混乱しました…
突き詰めれば似たようなことを言っているのですが
それぞれのどの部分に対応しているのか理解するのが難しく…
結局よくわからないまま、実際にやってみないとわからない、とゆうことで
明日からシュミレーション学習の指導デザインに取り組むのですが
不安でいっぱい

今日のお弁当
1375873729430.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.05

ひさびさの5限

今日はひさびさに5限
リスクマネジメント3コマからの臨床検査2コマ

リスクマネジメントはこれまで何コマも授業がありましたが
今回はチームコミュニケーションに焦点を当てた授業でした
Team STEPPSのアプローチはなかなか興味深かったです
特にチャレンジ2ルールとCUSはスタッフに伝えたいなぁと…
うまく報告できなくてすぐ諦めてるスタッフが多いので
実際にこのシステムで治療効果が上がるとゆう結果が出てるのもすごい

後半の臨床検査の授業はちょっと難しかったけど
今までと違う角度から検査データを見る勉強になりました
今日の授業は2つとも夏休み明けにテストだから
夏休みにちゃんと復習しないとなー

今日のお弁当は鰻again
1375698556704.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.02

苦手分野

今日はリハビリテーションと小児
何を隠そう、両方とも苦手分野ですorz

リハビリテーションの講師は某病院のPTさんでした
急性期を頑張っている方みたいで、病態に関する知識が豊富だし
画像読影もしながら障害部位・程度に合わせた関わりをしているのが印象的でした
リハビリの難しいところは、個別性のアセスメント
特に急性期では、どこまで動かしていいのか、どうなったらやめるべきかってゆう、適応と中止基準がわからなくて困る…
リハさんに勉強会依頼しても、『一概には言えない』で終わっちゃったり
そうゆうところが苦手意識の原因
そのPTさんは、NPPVの導入もマスクフィッティングから何からやってるらしい
それってすごいけど、夜勤でPTさんがいないときは看護師がやらなきゃだから
普段PTさん任せだと夜困るだろうなぁとか…
いろいろ考えた授業でした

小児はもう、大の苦手!
そもそも子どもが好きではないとゆう致命的な資質の問題が…
トリアージの症例問題は、先日のJTASの授業のおかげもありすんなり解けたけど
問題はフィジカルアセスメントの実技なんですよねー
泣いちゃってお話にならなかったり、何かと質問攻めしてきたりとコミュニケーションが難しいお子様から
いかにして情報を引き出しアセスメントするか…
いや、本当に困る(汗)
実習における不安No.1ですが、授業では解決できず
さてどうしたものか

今日のお弁当は豚キムチ
1375697786106.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.01

でぃーまっと

今日は3コマ災害医療の授業でした!
DMATでも有名な医師による授業

いつ来てもおかしくないと言われている南海トラフ地震では30万人以上の推定死者数が見込まれているとか
津波やその後の海面上昇で中部地方はほとんど沈んでしまうとか…
そんな恐ろしい状況下であたしたちに何ができるか
そのひとつの方法論としてDMATがあります

3.11での反省を生かしてDMATのあり方も見直されてるみたい
CSCATTTの中核を担うトリアージについては
平時からの院内トリアージとゆう概念図の定着と市民への啓蒙
そして災害時の躊躇しない判断
緑の扱いが最も難しく重要である、とゆう考え方はすごく勉強になりました
現場のコントロールとゆう観点も大事だよね

今日のお弁当
村上重さんのお漬物で作る茗荷寿司!
1375620000633.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »