« 言葉の難しさ | Main | 難解… »

2013.05.20

認定と研究の関係

今日は午前中に文献クリティークについて2コマ
看護研究に関する授業をたたみかけられています…
あたしの記憶では認定看護師に求められる役割は
実践・指導・コンサルテーションの3つで
研究はオマケみたいなものだったような…
でもこれだけ研究についての授業を組んでくるとゆうことは
臨床で認定として働き始めると研究することが求められるってゆうことなのでしょうね…

クリティークとは『批判的吟味』
先行研究を漁りまくり、既に明らかにされている部分とまだ明らかになっていない部分を明確にし
自分が取り組む研究の意義を見出してゆく作業(…とあたしは理解している)
自分が求めている文献をもれなく探し出して辿り着くのは至難の技だし
さらにそれらを読み込んでクリティークするのも大変…
つまり研究はとても難しく忍耐が必要(。-_-。)
問題解決アプローチは得意だけど、研究となるとやはりハードルが高い…
しかし。
授業の中で、
看護実践の意義を証明して診療報酬上の点数を獲得するには
研究レベルでの成果を集めていくことが必要だとゆうのを聞いてハッとしました
先日の看護サービス管理の授業で
『看護はprofessionであり、金銭的報酬のみをモチベーションとしない
やりがいなどの内的報酬によってモチベーションが維持される』
…と習ったものの、
自分たちの仕事が適切に評価され、金銭的な報酬に繋がらないとなかなかモチベーション上がらないよなぁと思っていました
その報酬の財源はあたしたちが勝ち取らなきゃいけないんですね!
形に見えにくい看護実践を第三者から評価してもらうには、研究レベルでの成果を出さないとダメなんですね!
せっかくこれから『高度な実践能力』を磨いてゆくのだからそれはちゃんとみんなに評価して欲しいし
それがお給料に反映されたら尚ステキ♡
てことでやはり研究からは逃れられそうにありません_φ(・_・
具体的な研究デザインや先行研究を読み解くメソッドは明日の授業に続く…


午後ははまるまるGW!
これからこうゆう日々が続いてゆくのでしょうねー


今日のランチ
撮るの忘れて食べ始めてしまいましたが
シュウマイ弁当でした
1369052451724.jpg

|

« 言葉の難しさ | Main | 難解… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/57425646

Listed below are links to weblogs that reference 認定と研究の関係:

« 言葉の難しさ | Main | 難解… »