« 最善とは… | Main | 立ち上がれ! »

2013.05.23

法律と医療

今日は弁護士の先生による医療法規の授業
実際の訴訟事例を交えながら医療紛争について学びました

裁判における医療の常識は必ずしも医療現場でのそれと同じではないみたい
『医療の不確実性』を理解してもらうのはまだまだ難しいようです…
訴訟事例を読んでると、いつあたしが巻き込まれてもおかしくない、
むしろ今まで巻き込まれてないのが奇跡!と思えるような事例もたくさんありました
情報管理の訴訟事例を読んだときも怖いなぁと思ったけど、
医療訴訟の場合はCtの命に関わるから本当に取り返しがつかない((((;゚Д゚)))))))
現状回復をしたくても絶対無理なわけです
命に関わる医療過誤を起こさないように、医療者として最新の注意を払おう!てゆうのと
いざとゆうとき証拠となる記録物は正確にタイムリーにしておこう!て思いました

後半の安楽死・尊厳死、脳死臓器移植、輸血拒否などについては、昨日の看護倫理に関連するところがあるなぁと思いました
例えば輸血しないと死んでしまうような人に対して
輸血すれば助かるのに本人や家族の意向だからと輸血せずに死なせることが尊厳なのかどうか…
本人や家族の希望に逆らって輸血をして命を助けたら医療訴訟を起こされるかもしれない
でも本人や家族の希望に沿って輸血せずに死なせたら、殺人罪で刑事訴訟を起こされるかもしれない
だったら、医療者として『命を救いたい』とゆう価値観を大切にするほうがいい
医療者としての価値観をブレずに自信を持って主張することも大切なのかなって
なんかちょっと昨日のモヤモヤがすっきりしました☆

午後はBLSの指導案作成のGW
あれこれGWが増えてきました…
今んとこ割と捗ってるのでこのまま頑張りたい!

今日のお弁当は油淋鶏♩
ピーマン炒めて野菜を補充しましたが
色味が足りなかったから赤パプリカも入れたらよかったな…
美味しかったからまぁよし
1369307215062.jpg

|

« 最善とは… | Main | 立ち上がれ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/57444240

Listed below are links to weblogs that reference 法律と医療:

« 最善とは… | Main | 立ち上がれ! »