« IT活用のすゝめ | Main | 認定と研究の関係 »

2013.05.17

言葉の難しさ

今日の午前中はホームルームで自己紹介!
パワポを使ってプレゼンする練習でした
クラスメイツの地元や所属施設
家族や趣味などがわかっておもしろかった☆
思った以上に既婚者率が高かった…
子ども3人いる人も何人かいたし
家庭と仕事と勉強の両立なんてみんなすごいなぁ


午後はことばの授業
普段何気なく使っている言葉の定義や概念を
とことん突き詰めてゆく授業だったのですが…
すごーく難しかった!
あらゆるものごとはとは人間によって概念化され言葉で定義づけられているのだけど
抽象的な概念であるほど定義付けが難しくて、それに対する人々の観念にもばらつきがある
そのうち本質が見失われて間違った言葉の使われかたをしたり…
普段何気なく使っている言葉も、
いざ『定義は?』とか、『概念は?』とか聞かれると答えるのがとても難しかったりします
それが誤解やすれ違いのもとなんでしょうね…
言葉は便利だしいつも何気なく使っているけど
正しく使えているかというと自信がなくなる
特に看護領域では概念や定義が曖昧な言葉が多いのです
看護自体、客観性を持たせるのが難しい事象だからある意味仕方がないけれど
学問としてコンセンサスを得るにはそれは大きなネックになってしまう
卒業後の活動を通して看護とは何かを他人に伝えていく立場になるあたしたちだからこそ
言葉の意味を大切にしなさいとゆうことなのだたと思います
難しいけど諦めずに理解を深めたいです_φ(・_・


今日のお弁当は
ミートソースペンネ、ほうれん草、トマト…
ずっと座ってるから働いてた時よりお腹空かなくて
ランチの適性量がまだ定まらない…


1368862957778.jpg

|

« IT活用のすゝめ | Main | 認定と研究の関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/57409602

Listed below are links to weblogs that reference 言葉の難しさ:

« IT活用のすゝめ | Main | 認定と研究の関係 »