« 東北関東大震災 | Main | 平常心 »

2011.03.16

災害とtwitter

震災発生直後からしばらくの間
電話がつながらないのはもちろん
携帯mailも送受信しにくい状況が続きました。

そんな中、思いがけず頼りになったのがtwitterでした。

特に私は職場関連のフォロワーが多かったこともあり
スタッフの安否確認や被害状況把握に役立ちました。
RTで幅広い最新情報をタイムリーに得られたし
レスポンスも早くてとても助かりました。
私は翌日から山梨でJNTECを受講する予定でしたが
勤務中にtwitter経由で中止となったことを知り
お陰でその日のうちにホテルをキャンセルできました。

しかし、震災発生から半日ほど経過したあたりから
ガセネタや個人的過ぎる救出要請のRTがTL上に溢れ
本当に有用な情報が埋もれてしまうようになりました。
芸能人やスポーツ選手などフォロワーが多いユーザー達が
フォロワーに依頼されて安易にRTしたのが大きな原因です。
RTしている本人達に悪意は皆無で
むしろ使命感・正義感にかられているので
制止がなかなかできなかったようです。
ガセネタが悪質なのはもちろんですが
個人的過ぎる救出要請も同じくらい有害です。
それらのRTが救急隊や自衛隊に伝わるとは考えにくく
もし被災地の一般市民に伝わって
素人がむやみに危険な場所に救出に向かえば
二次的被害を引き起こす可能性が高まります。
また、災害害直後は要救助者の数が桁はずれで
救助にあたるスタッフの数が圧倒的に足りないため
トリアージを行いながら救出している状況であり
もし仮に自衛隊や救急隊にこのtweetが伝わったとして
全てのtweetに対応することは不可能です。
大規模災害時は通常の救助活動とは違います。
救いたくても救えない、そんなジレンマと戦っています。
あまりに安易なRTを続ける某野球選手がいたので
イラッときてフォローを解除させて頂きました。

震災発生から2日経過したあたりからは安易なRTは減り
有用な情報をたくさん得ることができています。
輪番停電の可能性についても12日にtwitter上で知りました。
おかげで懐中電灯や水を準備できたし
13日の夜に菅総理から発表されても驚きませんでした。
(結局停電地域から外れたけど‥)
単純にコミュニケーションツールとしても優れています。
余震が収まらない中、1人暮らしの友達同士
twitterを通してつながっているという安心感は大きいです。

『twitterは混乱を招く有害なツールだ』
と評されることもあります。
一方でtwitterユーザーとそうでない人とでは
情報量に明らかな差が出るのも事実。
震災翌日話した某友人のあまりの危機感の薄さに驚きました。
自分の目の前で東京の数少ない犠牲者が出たせいもあるけど
私が今回の震災を『当事者』として捉えられているのは
twitterのおかげでもあると感じています。

ユーザーたちは刻一刻と
twitterをより有用なものへと進化させています。
情報に翻弄されることを恐れず
情報を活用できる能力を身に付けたい。

|

« 東北関東大震災 | Main | 平常心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/51124316

Listed below are links to weblogs that reference 災害とtwitter:

« 東北関東大震災 | Main | 平常心 »