« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

2009.03.31

3ヶ月評価

はやいもので、お弁当作りを始めてから3ヶ月が経過。
夜勤と休みを除くと月に10日くらいですが、今のところ順調に続いてますnote
連勤中だろうと、スノボ帰りで疲れてようと、飲み会で酔っぱってようと、
次の日のお弁当の準備は欠かしませんpunch
もともとご飯作るの嫌いじゃなかったしけっこう楽しんでやってますcat

当初の目標は『おかず1品とごはん』でしたが
サラダとかサイドメニューを1品加えることも多くて
なかなかバラエティに富んだお弁当ライフを送ってますhappy01

今後の目標としては‥
お弁当といえばハンバーグsign01というイメージがあるので
ハンバーグを作ってみたいup
実はハンバーグ作ったことないんですsweat01
何故ならあまり好きじゃないからsweat02
食べられないわけじゃないしマズイと感じるわけでもないけど興味がない(笑)
でもこれを機会に一度挑戦してみようと思いますsign03
あとは色んなおかずをかわいくお弁当箱に詰め込んで
『Theお弁当』的なのも作ってみたいですけど
あんまハードル上げると続かないんで
マイペースにやっていこうと思いますconfident

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.22

雪山ホワイトデー

先週の話になりますが・・・
今年のホワイトデーは越後湯沢にいました。
職場の同僚6人(Dr2人:Ns4人)で一泊雪山旅行note
おそらくこれが今シーズン滑り納め。

14日、東京は前日から強風と雨で春の嵐typhoon
越後湯沢も本格的に雨が降っていて私のテンションはかなり低めdown
飲まなきゃやってられんdashと昼間っからビールbeer
でも日頃の行いなのか、お昼を食べて滑り始める頃には雨が雪にsnow
山頂付近に上がってみると思いのほか雪が積もってていい感じflair
俄然テンション急上昇upupup
吹雪いてて寒かったけど最終リフトギリまで滑りましたsnowboardshine
Dr2人はスキーでNs4人はボードでしたがみんなそれなりに滑れるので
いいペースで滑れて楽しかったhappy01
Other1_1053007669
Photo

宿はちゃんとした温泉旅館だったのでアフタースキーも充実notes
温泉は趣向をこらした色んなお風呂があってのんびり長湯spa
疲れた身体をゆっくり癒しましたclover
ご飯はしっかり懐石料理sign01美味しかった〜heart01
夕飯後の部屋飲みも、美味しいつまみとお菓子でお酒が進むheart02
スパークリングの日本酒と千疋屋の苺チョコの組み合わせがたまらなかったbottleheart04
夕飯でおなかいっぱいとかいいながらかなり食べて飲みましたdelicious
『まよちゃんずっと食べてるね〜』とか言われた・・・
最近食欲復活してますからpig
よく食べよく飲んだけど調子がよくて全然平気でしたgood
某Drは日本酒飲めないとか言いつつ飲んで撃沈し
酢だこと野沢菜で挿管されてましたsweat02

15日は朝からとってもいい天気sun
夜中ずっと雪が降っていたのでけっこう積もっていて雪質もなかなか。
上越の春スキーなんてどうせシャバシャバだろうと思っていたので
予想外のハイクオリティにうれしくなっちゃいますhappy02
部屋飲みであまった缶ビールを山頂まで持って行き
雪の中に埋めてリフトで上がるたびに飲みながら酔っ払い滑走lovely
最高なり〜heart01
9時から滑り始めてリフト半日券ギリの13時までみっちり滑りました。
他の人と板を交換して滑ってみたり。
他の人の板で滑るの初めてだったけど、全然違くてびっくり!
泉さんのは板が短くて暴れやすいけど小回り利いて面白い。
すえさんのは硬めで安定感あったけどスタンスの角度のせいかターンしにくい。
なんだかんだ、自分の板が滑りやすいな〜とかsmile
もうちょっとスタンスの設定とかいじったら面白いのかも。
来シーズンまた研究しよっとwrench
いかにも春スキーって感じの天気で気温が上がったので
途中で暑くて久々にウェア脱いでスエットで滑りました。
風切って気持ちよかったhappy01
かなり汗かいたわりにビール飲んだから途中でトイレ行きたくなったけど
滑り終わるまでガマンしました。膀胱許容量はわりと限界。
でも楽しくてトイレどころではなかったのですhappy02

帰りの新幹線にも私1人だけチューハイを持ち込んでグビグビ。
なんか今回は私、四六時中飲んでた気がします。
飲んでコテッと寝ましたsleepy至福の時間confident
他のみんなはお酒なしでも寝てましたsleepysleepysleepy
16時半過ぎに越後湯沢発で18時前に東京着。
あっという間だった。新幹線は楽チンだなぁ。

今シーズンは例年に比べ回数こなせてちょっとレベルアップできたかもscissors
ハード面もブーツとビンディング新調したしアクセサリー類も充実させたので
来シーズンはウェアを新しくしたいなぁconfident
でも年々暖冬で雪山シーズン短くなってる気がするsweat01
ちょうどこのあとから東京は20℃越す陽気が続いて
例年より1週間早く桜開花しちゃったしcherryblossom
地球温暖化をひしひしと感じます・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.03.11

外食万歳!

最近お弁当作りに夢中になるあまり
外食をおろそかにしていたことに気付き・・・
こりゃいかん!こんなことでは舌がなまってしまうbearing
ってことで昨夜行ってきたのは青山にあるBenoirestaurant
かの有名なアラン・デュカスが展開する正統派フレンチですshine
前から行ってみたかったのに去年突然閉店してちゃって悲しんでいたら
いつのまにか同じところに復活していることを知りflair
美味しいもの好きな先輩を誘ってGOnote

アラン・デュカスのレストランといえば数年前に銀座のBEIGEに行って以来。
あそこはCHANELの最上階という立地からドレスコードが高く緊張したsweat01
Benoiはカフェとレストランに分かれていて、気楽に食べたかったからカフェへ。
カフェはビストロっぽい雰囲気で、カウンターがバーになってます。
軽めに食事して同じビルの1階にあるピエールエルメでデザートという完璧な計画。
1人は仕事で遅れるので先に着いた2人でまずシャンパンshine
アラン・デュカスとランソンのダブルネームだってheart02
そしたら頼んでないのに豚のリエット登場。さすがです。
テンション上がるアガルupupup
リエット大好き~heart01とか話していると
『お店からのご挨拶です』と言ってギャルソンさんが出してきてくれたのは
一口サイズのパニーニにキャラメリゼした玉ねぎ、イタパセとセロリの葉っぱのフライを載せたもの。
なんて気の利いたもの出してくれるのかしら。
そりゃあシャンパンも進みますよ。あっという間に2杯目。
あ~いつものことだけどボトルで頼めばよかった・・
もう1人がなかなか来ないのでつまみにバーメニューから牛肉のタルタルをセレクト。
おそらくこの時点で私たちがよく食べよく飲む人種だと悟られたのでしょうね。
ギャルソンさんが上のレストランメニューを持って来ました。
パテ好きの先輩がパテ・アン・クルートを注文。
運ばれてきたのは色んな種類の小さなパテがモザイク上に並べてあり
パイで包んで焼いてあってパテとパイの間がブイヨンのゼリーで固めてあるもの。
こんな稚拙な表現で伝わります??
とっても素敵だし美味しいんですよ~
シャンパンから赤ワインへwineもちろんボトルで。
タンニンしっかりしてるやつをデキャンタで美味しくしてもらいました。
まだもう一人来ないのにこの時点でだいぶ出来上がっております。
赤ワインが半分あく頃にようやくもう一人登場。
メインは仔牛にしました。低温真空調理で24時間以上かけて煮込んであるとか。
お肉が出てくるまでのつなぎにオリーブが出てきたhappy02
わかってるなぁ~
けっこういいペースで食べて飲んで盛り上がっていると
当然ですがデザートメニューも持ってきてくれました。
でも私たちデザートはエルメに行くことに決めていたので・・・
泣く泣くお断りしましたweepギャルソンさんごめんなさいdown
でも彼の気取らないけど細やかなサービス、最高でしたsign01
次は是非レストランでフルに食べたいと思いますsign03

エルメでもテンションは高いまま。
閉店間近で私たちしかいません。
メニューを眺めて迷って、ケーキを全部持ってきてもらって迷って、
結局1人2つずつ頼んじゃいました。
テーブルいっぱいに並んだデザートに幸せMAXlovely
2008aw_131
2008aw_130
閉店時間までにあっさり食べつくしました。

エルメを後にしてもまだテンション下がらない私たちは
カラオケに流れて2時間シャウトしたのでしたkaraokenotes

おうちごはんもいいけど、プロの料理とサービスは格別ですconfidentheart04
外食万歳sign03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.04

ぼろ泣き!

ミーハー気分で『おくりびと』観てきましたmovie

私、映画で滅多に泣かない人なんですが
予想外にぼろ泣きsweat01

泣いたら花粉が洗い流されたのか目と鼻が楽になりましたflair


EICUで働き始めてもうすぐ3年。
多くの死と向き合う中でいつのまにか
死というものに慣れてきている自分に気付きました。
いい意味でも、悪い意味でも。
もちろん今でも患者さんが亡くなると厳かな気持ちにはなるけれど
すぐ隣に重症患者さんがいたり新しく患者さんが入院してきたりとバタバタする中で
必ずしも穏やかな気持ちでケアに徹することができない現実も。

私の仕事は患者さんが生を全うできるようお手伝いすることでもあり
患者さんが穏やかな死を迎えられるよう支える仕事でもあると思っています。
それにはその人のバックグラウンドを知ることが大切になってきますが
EICUに来る患者さんは突然倒れて運ばれてくる人でも病歴が長い人でも
私たちはたいてい具合が悪くなってからのその人しか知りません。
元気だった頃の患者さんがどんな人だったのか、どんな人生を歩んできたのか
どんな価値観を持ち、どんな生・どんな死を望んでいるのか。
そんなことを考える時間があればまだいい方で
何も考えられないまま、時には名前さえわからないまま看取ることもあります。
ついさっき出会ったばかりの私がその人の最期を看取っていいのか。
疑問に思うこともしばしばありました。

『おくりびと』に出てくる納棺師さんは
その人が「患者さん」ではなく「ご遺体」になってから出会うわけで
私たちよりも更にずっとずっと刹那的な関わりだけど
遺影など限られた情報から生前の故人に思いを馳せ
最大限の愛と尊厳を持ってご遺体と対峙する姿は
とても美しく感動的でしたshine
時間じゃない。その人を慮る心が大切なんだなぁって。
私もそんな気持ちを忘れずにこの仕事を続けていけたらと思います。

とってもいい映画でしたheart02
アカデミー賞受賞おめでとうcrown

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »