« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

2007.10.21

全国大会@大阪

毎年恒例の全国大会に行って来ました!
今年の会場は大阪。
オリンピックを誘致するために作ったという
舞洲スポーツアイランドというところでやりました。
全国から36の病院が参加、選手は全部で1700名余り。
年々参加者は増加しまくってます。
旅費も含め、費用は全て病院が負担してくれるし
こんな楽しいイベント参加するっきゃないでしょ♪

競技と宴会でキツキツなスケジュールで
大阪観光は全然できなくて残念だったけど
やっぱりみんなで汗流すの気持ちよかったし
すごい楽しかったです♪
私の出場した駅伝は8位入賞。
顔の怪我があり事前練習できなかったけど
意外とちゃんと走れました(笑)
バッチリ帽子とマイクロポアで日焼け対策したけど
あんなに晴れると思わなくて日焼け止めは塗らないでいたら
首とか肩のあたりはけっこう焼けてしまった・・・

すごいプロっぽい選手とかもけっこういて、
これがみんな医者とか看護師とかなのか~
って思ってみるとおもしろい。
普段働いてるとこ見てみたい(笑)

来年は福岡大会。
駅伝も参加チームが増えたので来年からは地区予選が始まり
関東ブロックの予選に勝たないと全国大会行けないらしい。
頑張らないとね~
Osaka_086_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.12

抜糸

本日、抜糸してもらいました!

Photo

まだ瘡とかあって目立ちますが
なかなか良い出来です(笑)

「しばらく笑っちゃダメ!」
え~そんなの無理。
「遮光励行!3ヶ月は日焼け禁止」
え~来月宮古島行こうと思ったのに。
しかも雪板シーズン入るのに。

…でも傷のためなので仕方ないから遵守します。
とりあえず来週の全国大会@大阪は
マイクロポア+帽子で紫外線カットしつつ走ります☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.10

マルモ

家に帰る途中、交差点を渡ろうと信号待ちしていたら
私の目の前で交通事故が発生!
ほぼ赤に近い黄色信号で無理やり交差点に進入して
そのまま横断歩道に直進してきたタクシーが
青信号になった瞬間飛び出した小学生に衝突!
一応看護師だし大丈夫かしらと思って男の子を救助へ。
幸い倒れなかったので頭は打っておらず
右膝の擦過傷と右大腿部の打撲のみでレベルクリア。
右大腿部はけっこう勢いよくぶつけてたから
念のためレントゲンくらいは撮ったほうがよさそうかなとは思ったけど
とりあえず大した怪我じゃなくてよかった~と一安心。
ところが、タクシーから降りてきたドライバーの第一声が
「飛び出しちゃだめだよ!信号赤だったでしょ?」だって。
普通「大丈夫?怪我はない?」とかじゃないの??
ていうか歩行者は青信号でしたから。
赤だったのはあんたの方でしょ。
そしたら一緒に見ていたビジネスマンの人が
「歩行者の信号は青でしたよ」ってズバリ指摘。
そうそう。その通り。
そのドライバーに不信感を抱いた私は
こいつだけに任せておくと相手は子どもだし
うまいように言いくるめられるかもと思い
救急車と警察呼んだ後、その場に残って実況見分に協力。
一緒にいたビジネスマンも同じ気持ちを抱いたようで
実況見分に残りました。

続々と警察や救急隊が到着し、学校の先生も来ました。
お家の人とも連絡が取れて男の子は無事に病院へ搬送。
そして交通捜査係による実況見分開始。
私達は警官同士のやり取りの中で『目撃者=マルモ』と呼ばれていました(笑)。
なんかドラマみたいでなかなか興味深かったです。

ていうかあのドライバーどうなのよ。
ちなみに東京無線のドライバーです。
東京無線にもきっといいドライバーさんはいるんだろうけど
申し訳ないがかなりイメージ悪くなりました。
ていうか東京はタクシードライバーの質悪い気がする。
たまにいい人いるけど、8割くらいはハズレだな。
特に私が女だから(しかも見た目幼い・笑)なめられちゃうのもあるんだろうけど。
値段上げるのは仕方ないかもしれませんが
ドライバーの質の向上、頑張っていただきたいです。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.10.08

初!ナート体験記

看護師として医療の現場で働いてますが
丈夫な身体に生まれた私は入院したこともなければ
点滴さえされたことがありません。
そんな私が初めてナートを経験!!

夜勤中、レスピ管理中の患者さんがそろって不穏。
私はわりと軽症を2人もちしていたので
不穏患者さんの対応のお手伝いをしてました。
1人にドルミを作った後、もう1人にセレネースのorderが出たので
常備薬の棚からセレネースを取ろうと踏み台に乗ったら・・・
バランスを崩して転倒、ていうか転落。
しかも前に倒れて顔からプラスチックの引き出しに激突。
一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが
目の前にプラスチックの鋭利な破片が落ちているのと
血が滴り落ちているのを見てどこか切れたということを認識。
痛みの部位的にこれは・・・もしや顔!?
慌てて鏡を見てみると見事に右頬がパックリいってました。
や~これはまずい。ナートしないとくっつかないレベルだぞ。
ちょうど不穏のことで救急科のDrと電話でやりとりしていた先輩が
「今、迷がこけました!流血してます!!」と報告。
「わかった、今すぐ走って行くから!!」と言ってすぐに駆けつけてくれました。
ソッコーでERへ同伴(笑)。
「けっこうパックリいってんな~」どうやら脂肪層まで達している様子。
先生はすぐにOP室から一番細い7-0ナイロンを取り寄せてくれて
さらに局麻にはインスリン用の29Gを使ってくれました。
一つひとつ説明しながら、
「痛かったらすぐ言えよ」「怖かったらすぐ言えよ」
などと細かな配慮まで(涙)
とても丁寧にナートしてもらいました。全然痛くなかった。
「痕残ったらオレ彼氏にあやまるわ」
・・・って、今いませんけどね。

無影灯ってすごいまぶしいな~、とか
顔に布かぶせられて何も見えないと音にすごい敏感になるな~、とか
まわりで言ってることがすごい気になるな~、とか
患者の立場になってみて色んなことを実感できていい経験になりました。

ていうか、もし救急科の先生がいなかったら
研修医とかにナートされてたのかと思うとゾッとします。
そんなことになっていたら私泣き崩れていたと思います。
ナートの上手な、しかも知り合いの先生が当直で本当に良かった!
いつもはムカつくことも多いけど(笑)今回はすごい優しくて感動したよ。
ありがとう、先生☆
痕が目立たないといいな~。
何事も急性期管理が大事!と思い
帰りにコラーゲン系の栄養食品を大量に買い込みました。
頑張れ、私の皮膚!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.06

running

今月の20・21日は毎年恒例の病院の全国スポーツ大会。
今年の会場は大阪です。
私は今年もマラソン部として駅伝に出場します。

今年の夏は暑すぎて走る気になれず
めっきりプールで泳いでばかりいました。
9月に入ってさすがに走らないとやばいと思い
ジムでちょこちょこ走ったりはしましたが
昨日半年ぶりくらいにみんなでタワーランしてみたら
びっくりするくらい走れなくなってました(汗)
一定のペースで長距離走るのはいいんですが
ダッシュができない!スパートかけられない!!
坂道とか登るのが超キツイ!!!

大会まであと2週間。頑張って走らなくちゃ。
坂道ダッシュとかやってみようかな~

10月に入ってすっかり秋らしくなり
いよいよrunningの季節が到来☆
タワーランもちょこちょこしたいです。
でも今年も東京マラソンは落選しました・・・

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« September 2007 | Main | November 2007 »