« 目白の存在感 | Main | 明日は卒業 »

2004.03.09

座頭市&キルビル

朝から飯田橋のギンレイで2本観てきました。
座頭市はなかなか面白かったです。
遊び心溢れる演出が思ったより違和感なかったし。
私の中で一番良かったのは、おせい役の橘大五郎くん。
16歳とは思えない見事な女形っぷりに感動。
あんなふうにしなやかに動けたらなぁ・・・とため息が出ました。
キタノ監督が浅草の舞台で見つけ出した逸材らしく、
監督の見る目はさすがだと思いました。
そしてキルビル。クレイジーだぜ、タランティーノ!!
日本人が観ると私に限らず違和感ありすぎだと思う。
ある意味面白いけど(笑)。
戦いのシーンが長すぎてちょっと眠くなりました。
ルーシー・リューの日本語の発音が意外とよかったかも。
オープニングの「Bang Bang」っていう歌が良かったです。
CD探そうかな。
そんな感じでした。


|

« 目白の存在感 | Main | 明日は卒業 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17596/280683

Listed below are links to weblogs that reference 座頭市&キルビル:

« 目白の存在感 | Main | 明日は卒業 »