« February 2004 | Main | April 2004 »

March 2004

2004.03.31

学生最後の日

明日から社会人です。
16年間の学生生活も今日で終了。
これからしばらくまとまった休みはとれなくなり
何も考えずにダラダラする暇もなくなるのかと思うと
今こうして流れている平和な時間がとても愛しく感じます。
どんなに忙しくても、心の潤いを大切にして
他人に優しくできる人間でありたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.30

早朝お花見ドライブ

朝7時に家を出て、両親と千鳥ヶ淵の桜を見に行きました。
早朝でしたが、出勤前のサラリーマンなどで結構にぎわっていました。
そのまま車で父を会社まで送り届け、母と二人で帰宅しました。
私の仕事が始まったら、こんなことしていられなくなるなぁなどと思いつつ・・・
ところで『花見』って英語で“Hanami”なんですね。8へぇくらいですかね。

001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.26

サクラサク

本日午後2時より、厚生労働省にて国家試験の合格発表があり
看護師・保健師ともに無事合格しておりました!
これでようやく4月から社会人の仲間入りです。
両親もとても喜んでくれ、お赤飯と尾頭付きで祝杯をあげました。
ここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです。
今夜の我が家の食卓↓
_020.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.03.25

大江戸温泉物語

仲良しのしげと久しぶりに遊びました。
TDLに行こうと思っていたけど天気がイマイチだし
しげも当直明けでお疲れだったのでのんびり温泉コースに変更。
これが大正解でした。
平日の昼間だったからそんなに混んでいなかったし
思ったよりもいいお湯で身体ポカポカ、お肌ツルツル☆
雰囲気も良かったしのんびりまったりできて癒されました。
しかしくつろいでいたところに電話がきてしげは今夜も当直に。
2連チャン・・・かわいそうに。がんばれ繁治。

_007.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酒びたり

久しぶりに2連チャンで飲み会でした。
両日とも家に着いたのは0時過ぎだったと思います。
ふと、めだかのがっこうでバイトしていたときのことを思い出しました。
カラオケスナックだったのでお客と適当にお酒を飲みつつ23時まで働き、
満員の山手線に乗って家に帰るとちょうど12時ごろ。
ほろ酔い気分で身体は気怠く、お風呂にも入らずベッドへ。
そして次の日は1限から授業、という生活を週4とかで送っていたのです。
今思うとすごいことです。思えばあの頃はかなりお酒強かったなぁ・・・
バイト辞めてから習慣的にお酒を飲むことがなくなり弱くなりました。
ちょっと飲めばいい気分になります。
その「いい気分」がたまらないので、お酒が好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.22

卒業旅行その②

卒業式の翌朝からサイパンへ飛びました。
大学で4年間いつも一緒だった4人組に
ウチの大学の数少ない男子2人が加わった6人で行きました。
ウィーンも良かったけど、やっぱり南の島は開放的になれていいです。
食べ物はやっぱりあんまり美味しくなかったけど(苦笑)。
仲いい友達同士で行けばどこに行っても楽しいものです。
本当にこの4年間でたくさんのものを得たと思うけど
ともに試練を乗り越えてきた友達は1番の宝物だと思いました。
5年後くらいにまたこの6人でサイパンに行きたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月16日

無事に卒業してまいりました。
やはり今まで経験した中で一番重い卒業でした。
4年間授業や実習で本当に大変だったけれど
とても充実した大学生活だったと思います。
答辞のときに泣きそうになったけど何とかこらえて
あとは謝恩会委員の仕事で感傷に浸る間もありませんでした。
謝恩会も準備や当日の運営かなりキツかったけど
ホテルのスタッフが親身に対応してくれたおかげで
すごく私たちらしい謝恩会にすることができてよかったです。
最後にみんなから「マヨありがとーっ」って拍手されて
思わず泣いてしまいました。感動・・・

04_007.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.15

明日は卒業

気付けばもう明日が卒業式です。
謝恩会委員というやっかいなものを引き受けた上に
なんとなくその代表者になってしまったもので
ウィーンから帰ってからその準備に追われる毎日でした。
自分でも気付かないうちに疲労が蓄積していたようで
先週の土曜日、体調を崩しました。
いつもの風邪とは様子が違い、喉の痛みや咳・くしゃみはないのに
首の後ろや身体の節々が痛い。そして身体が熱い。だるい。
リンパ節炎かな、最近不眠だったり頻脈だったりするし甲状腺炎かな・・・
などと考えているうちに体温は朝の36.8℃から夕方37.7℃、夜38.0℃と上昇。
私は平熱が35.5℃と低体温で38℃まで上がることは滅多にないので
38.0℃という数字に「もうだめだ」「卒業式出れないかも」「この世の終わりだ」
と情けなくも狼狽。ところが翌朝起きてみたら熱はケロッと35.4℃に。
一体何だったんだ・・・
でも治って本当に良かったです。

今日、とある先輩から送られてきたメールに感動したので紹介します。

私から見るとスッゴイ順調にまっすぐ歩いているように思ったけど
マヨはあまり外に出さないだけで、いっぱい悩んだのだろうし、
成長したのでしょう。卒業、おめでとう。

思えば4年間いろんなことがありました。
ちょっと、涙が出ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.09

座頭市&キルビル

朝から飯田橋のギンレイで2本観てきました。
座頭市はなかなか面白かったです。
遊び心溢れる演出が思ったより違和感なかったし。
私の中で一番良かったのは、おせい役の橘大五郎くん。
16歳とは思えない見事な女形っぷりに感動。
あんなふうにしなやかに動けたらなぁ・・・とため息が出ました。
キタノ監督が浅草の舞台で見つけ出した逸材らしく、
監督の見る目はさすがだと思いました。
そしてキルビル。クレイジーだぜ、タランティーノ!!
日本人が観ると私に限らず違和感ありすぎだと思う。
ある意味面白いけど(笑)。
戦いのシーンが長すぎてちょっと眠くなりました。
ルーシー・リューの日本語の発音が意外とよかったかも。
オープニングの「Bang Bang」っていう歌が良かったです。
CD探そうかな。
そんな感じでした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.08

目白の存在感

山手線に乗っていたら、隣にいた人達の会話が聴こえてきました。

「目白ってさ、いまいち位置がつかめないんだよね。」
「そうそう。目黒ならわかるけど、目白ってどこ?みたいな」
「池袋のいっこ手前だよ、学習院とかある。」
「あ~・・・でも特に何かあるってわけじゃないよね。」
「そうだね、住宅街とかあるけどね。」
「こっから乗ってく人はいてもさ、降りる人はあんまりいないよね。」
「わざわざ降りて寄り道するようなとこないもんね。」
「これといって何もないもんね。」

目白のイメージってってこんなですか?
目黒と比べてそんなにマイナーですか??
馬場や池袋といった繁華街に挟まれて存在感の薄い目白。
そんな控えめな目白が、私は好きです。
でもあんな会話を目の前で繰り広げられるととても降りづらいです。
目白がんばれ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.03.07

卒業旅行その①

先月29日から1週間、ウィーンに行ってきました。
去年の7月にセブ島に行ったのが初めての海外旅行で
今回のウィーンが2度目の海外でした。
やはりアジアとヨーロッパではかなり違います。
文明を感じました(笑)。

ウィーンは・・・
 ・寒すぎてずっと外にいるとうまくしゃべれなくなる。
 ・空気が乾燥していて皮脂が浮かない。
 ・雪かきしないで人が転んだら、転んだところの道に面した家の責任。
 ・トラム・バス・地下鉄はバレなければタダで乗れる(私はちゃんと払いました)。
 ・トイレの便器は大きめサイズでお尻がハマりそうになる。
 ・洗車回数が少ないのか、ベンツもVWもほこりだらけ。
 ・カフェではタバコもくもく。
 ・1人でカフェに入ってケーキを食べる男性が多い。
 ・お寿司がブーム。
 ・Musikfereinは木管の音がよく聴こえる。
 ・シグムント・フロイトは犬好きだった。
 ・野良猫がいない。
 ・靴屋が多い。
 ・コンビニがない。

素敵な街でしたよ。また行きたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »